Caloo(カルー) - 奈良県のベーチェット病の口コミ 1件
病院をさがす

奈良県のベーチェット病の口コミ(1件)

1-1件 / 1件中

4人中3人が、この口コミが参考になったと投票しています。

奈良県立医科大学附属病院 (奈良県橿原市)

れい (本人・30歳代・女性)

以前から難病を持っており、これまでいくつかの病院で入院したことがあります。
そのなかで奈良医大は、中の上といった印象を持っています。

主治医は、入院中もよく病室を訪れてくださりました。
が、普段外来でお会いするときはあまり目を合わせてくれないのが寂しいです。

入院中の若い先生は、熱心に様子を見に来てくれました。

内視鏡室の先生や技師さん、看護師さんはみなとても親切で、苦しい検査の心の支えになりました。

少し古い建物ですが、最近改築がさかんで徐々にきれいになってきています。

待ち時間は、外来だととても長いです。予約をとってあっても3時間くらいは待ちます。予約外の場合は半日くらいは待ちます。それでも、数年前に比べるとだいぶ改善されたように思います。入院中は病室で呼ばれるのを待てばいいので、比較的気が楽ですね。

来院時期: 2013年01月 投稿時期: 2015年10月
待ち時間: 1時間〜2時間 入院 薬: プレドニゾロン錠5mg(旭化成)、ペンタサ錠500mg
料金: ※特定疾患にしていされており、公費の補助が下りました。収入も少ないため、料金はかかっていません。
この口コミは参考になりましたか? 参考になった 参考にならなかった
  • 1
1-1件 / 1件中