Caloo(カルー) - 東日本大震災をきっかけに不安神経症を発症。投薬とカウンセリングで回復へ : 病気体験レポート
病院をさがす

東日本大震災をきっかけに不安神経症を発症。投薬とカウンセリングで回復へ

もぞもぞそわそわ (40歳代・女性)

46views 2016年09月14日投稿 0votes 0comments

(病気が発覚した経緯)
もともと心配性な性格も起因していたかもしれないが、東日本大震災により
非日常的な生活が続くことにより多大な心理的ストレスを感じ発症したもよう

過敏性腸症候群の症状がひどくなり、また常に不安でしらずしらずに涙がでる
自分の将来を悲観したり、自分だけがほかの人のいる世界と隔離されているような
なんで自分だけこんなに苦しいんだろう、ほかの人はどうしてこんなに
元気なんだろうと別の世界を見るような感じでほかの人たちを眺めて苦しんでいた

食欲もなくなり、それで体が痩せてしまうことへの恐怖もプラスされ
唯一眠れないということがなかった睡眠もうまくとれなくなり寝ても朝方覚醒。
おきてからは2度寝することが出来ず頭の中でずっと同じ曲が流れ続けて
止まらない

生きていることがつらく息をすることもつらく、いのちの電話に電話を掛けたり
一日中泣き暮らしていた

(服用した薬の効果)
頓服でのデパス→長期間効くメイラックス→頓服でのデパス→睡眠薬サイレース

気持ちの落ち着きにより頓服になったりずっと効く薬だったりと
波に合わせて薬を処方
これと同時にカウンセリング(認知行動療法)を行う

(その後の経過など、同じ病気を抱える利用者の方に役立つ情報)
その後時間の経過とともに少しずつだが症状が治まってきた
治らないと当時は思って悲観的になっていたが気が付いたら落ち着いていた
という感じ

苦しい渦中にあるときはもう治らない、あと何年たっても同じ状態だと
絶望的になりやすく気持ちが沈みがち
しかし甘えていい、だめなときはだめだ、先のことは今は考えないで
目の前のことだけ集中してやるなど頭であれこれ考えず、むしろ
思いっきり腹筋したり運動をするといいと思う

とりあえず今日だけ生きてみる
今日が終わったらとりあえずまた明日だけ生きてみる
を繰り返していくといつのまにか、楽になるときが来るかもしれない


コメント0件コメントを書く

この病気体験レポートは参考になりましたか? 参考になった

不安神経症・うつ病に関連する病気体験レポート

【不安神経症に関する体験レポート(20件)を読む】

【うつ病に関する体験レポート(269件)を読む】

不安神経症・うつ病に関連する病院口コミ

  • 約一年半ほど通院していますが、結論から言ってこれといった不満点はないです。 以下個人的に感じた
    5.0 room335 ちひろ心クリニック(福岡県 福岡市中央区)
  •  私は岡田院長先生にお世話になりました。大変穏やかな先生です。何でも、受け止めてこちらの気持ちに寄り
    5.0 atasinnchipapa 岡田メンタルクリニック(埼玉県 春日部市)
  • 2020年春にお世話になりました。 背景は、オーバーワークが数ヶ月続き、生理が止まり、ついにメ
    5.0 Poohboy マコトメンタルクリニック(東京都 品川区)
  • 長い間お世話になっています。 日吉先生は優秀な医師で薬にも精通しています。 精神科の経験も豊富で
    5.0 ちろ 六本木メンタルクリニック(東京都 港区)
  • 開院当初からお世話になっています 初診の時にはうつ状態であるなどの 症状を話したときに涙が止まら
    5.0 ゆきんこ ゆめクリニック(沖縄県 那覇市)

【不安神経症に関する口コミ(83件)を読む】

【うつ病に関する口コミ(1296件)を読む】

口コミを投稿

医療機関の関係者の方へ

無料医療機関会員登録
  • 掲載情報の編集・追加
  • 口コミへの返信
  • 貴院ページのアクセス数確認
詳しくはこちら