Caloo(カルー) - 死別反応性うつ病 (写真あり) : 病気体験レポート
病院をさがす

死別反応性うつ病 (写真あり)

橘 美幸(50歳代・女性)

オススメ:★★★ 26,154views 2014年04月30日投稿 79votes 14comments
病気うつ病
病院いとうメンタルクリニック
製薬ベンザリン錠10、フルニトラゼパム錠2mg「アメル」、ヒルナミン錠(25mg)、トリプタノール錠25、ジプレキサ錠5mg、オランザピン錠10mg「ニプロ」、リフレックス錠15mg、パリエット錠20mg、マグミット錠500mg、センノシド錠12mg「クニヒロ」、ドンペリドン錠10mg「サワイ」、クラシエ半夏厚朴湯エキス錠
関連だるい食欲不振寝れない・不眠涙が出る気が滅入る・不安

平成25年5月31日、最愛の夫を私の不注意から、MRSA(多剤耐性黄色ブドウ球菌)肺炎で亡くしました。
脳梗塞で倒れ右半身麻痺と重度の嚥下障害の状態になり、三年間、付きっきりの介護をしてきました。
脳梗塞の再度の発作に見舞われ、急性心筋梗塞で救急搬送すること二回、亡くなる二ヵ月前に、
心臓カテーテル手術の名医に、手術をしていただき、幾度もの山を越え、これからのんびりと療養生活が過ごせると思った矢先、病魔は既に主人を手遅れの状態にまで冒しておりました。

私が、すぐ傍にいて、異変に気が付かなかったのです。
熱もない。咳もない。食事も普通に食べ食欲もある。
毎月の定期検診で、CRP数値が6になっていて、循環器科の医師から、風邪薬を処方してもらい帰宅しました。私は、主人が風邪をひいていることすらわかりませんでした。
4日間分の薬がなくなり、週一のリハビリの日まで3日間元気にしていました。
病院へ行く車の中で、お昼に何を食べようかといつもの会話、窓の向こうを鼻歌を歌いながら眺める主人の横顔、本当にいつもの通院する状況でした。
まさか、二度と主人が助手席に乗る事がないなんて、思いもしませんでした。

5月14日、リハビリ前の診察で、サチュレーションが危険数値にまで低下、血液検査でCRP数値が35にまで上昇、即入院治療開始になりました。
しかし、時既に遅し、手遅れの状態でした。
何が何だかわからないうちに、ICUへ入室、意識がまだしっかりしていた主人は、抵抗し、帰りたいと点滴の針を抜いたり、酸素マスクを取ったりと暴れるだけ暴れ、私に、「家に連れて帰ってくれ」「帰りたい」と懇願しました。
この時の言葉が、主人の肉声の最期の言葉になりました。
涙を目にいっぱいためて、「帰りたい」と言った主人の顔が私の脳裏にやきついて、耳に、こだまして離れません。

そして、深夜、容態が急変、病魔は、主人の体を飲みこみました。
挿管し、人工呼吸器を付けられ、壮絶な闘病が始まりました。
私は、何としても主人の病気を治して、家に連れて帰るんだと心に決め、必死で看病しました。
日に日に状況は悪化の一途を辿り、終焉の近さを肌に感じていました。
しかし、ゼロではない、そんなに簡単に主人を取られてたまるかと毎日、いつも通りに主人に話しかけながら、お世話をしました。
薬で眠らされていても、薄目を開けて、私を探します。
溢れ出る涙を拭いてあげて、「早く良くなっておうちへ帰ろうね」と言うと、主人は、更に涙をこぼして意志を伝えました。

しかし、とうとう、最期の日が来ました。
30日未明から、更に容態が悪化、主治医の延命処置の問いに、私が主人の人生のピリオドを打ったのです。
「主人を逝かせてやってください。」と5月31日、午後0時2分、最期の最期、薄目を開け、私を見たまま静かに旅立ちました。

私は、絶叫し、それからの記憶が所々飛んでいます。
ブラインドを下ろしたまま、主人の遺骨の前に座ったまま、真夏だというのに、窓も開けず、蒸し風呂のような部屋に、延々と泣き明かす毎日でした。
通常の私の生活スタイルからは、考えられない不衛生な状態です。

両親が亡くなった時でも、こんな状態にはなりませんでした。
34年、苦楽を共にした最愛の主人を自分の不注意で失い、最期の決断は、本当に正しかったのかと自虐の念で、身が引き千切られる思いでした。

主人が、脳梗塞で車椅子生活になった始めの頃、移動は、大変な重労働でした。
介護の経験のない私にとって、至らない事ばかり、ある日、主人を抱いたまま椅子に乗せられず床に転げた事があります。
その時に、上の前歯を強打し、グラグラになってしまいました。
が、歯医者さんへ行く事もままならず、そのままずっと放置し、それから三年が経ってしまい去年の9月になろうかという頃、強烈な痛みが襲い始めました。

体がだるくて、歯医者さんへ行く気力が湧かないのです。
痛みで気絶しそうなくらいなのに、食事をしていないせいもあって、しんどくて、ついつい、日延べを繰り返していました。
いよいよ、我慢できないぐらいの激痛が続くようになり、這うようにして歯医者さんへ行きました。

その歯医者さんは、主人が春まで虫歯でお世話になっていたところです。
待合室で、突然、号泣する私、わけがわからないほど悲しくなって、周囲の患者さんたちに、ご迷惑な状況になってしまいました。

私の順番になって、診察室へ入り、淡々と治療が進みました。
限界をとうに越えた化膿で、歯髄までいっていました。
口をゆすいでくださいと言われ、カップの水をふくんだ時、水の味が、鉄サビのような感じがしました。

夏頃から、飲み水やお茶、食べ物の味や食感がおかしいと感じるようになっていました。
歯が化膿しているせいだと思って、気にしないようにしていました。
でも、飲めるような味ではありません。
飲み物も食べ物も、よく吐くようになっている頃でした。

歯医者さんは、私の目の前に顔を寄せて、
「悪い事言わないから、一度、心療内科へ行きなさい」と言われました。
「それと、おしりの何処が痛いの?」と聞かれました。
固い椅子に座るのがとても痛いのです。歯科の診療台は固くてとても痛かったのです。
おしりの座面にあたる部分が、何かに負けて酷くただれています。
恥ずかしくて、誰にも相談できずに痛みをこらえていました。

心療内科へ行く前に、女医さんの皮膚科へ受診しました。
診るなり、「褥瘡」(じょくそう)≪床ずれ≫と言われ、軟膏をもらいましたが、現在に至っても完治せず、低反発の円座が手離せません。主人の遺骨の前でずっとフローリングの上に座り続けていたのと食事が摂れず、栄養状態の悪化から褥瘡にまでなったようです。


どうして、心療内科に行かなくてはいけないのか?
そもそも、心療内科って何を診てもらうのか?
それぐらい、縁の遠いものでした。

まず、以前とは別人のように痩せてしまっている事。
主人を介護するには、主人よりも重くならなければなりませんでした。
力が必要だったのです。女一人では、到底、成人の男性を動かす事など不可能です。まして、主人は右半身がマヒしていて大変な重さでした。
5月から、4か月で20キロも体重が減っていました。
見た目は、激ヤセ状態、頬はコケて肩の筋肉も無くなっていました。

次に、味覚と食欲のない事。
味が全くわからなくなっていました。何を食べても、ゴムか粘土を食べているような気持ちの悪い食感でした。水もお茶も何を飲んでも鉄サビのような変な味がして、常時、吐き気がし、胃がムカムカして気持ちが悪かったです。
元気なオバさんを自称するほど、よく食べよく寝る病気知らずな私でした。

おやすみ1秒、それぐらい寝つきのいい方でした。
それが、全く眠れません。布団に入って目を閉じても、延々と寝付けず朝になる事が度々続き、眠たいはずなのに、眠れないのです。
一日中、頭がボゥーとして、自分で何を考えているかつかめず、ミスが多くなりました。

ただただ、悲しい。自然に涙がこぼれて、大声を上げて泣いてしまいます。
泣いて泣いて泣いて、泣くだけ泣いて、気が滅入り、ふさぎ込み誰とも会話がなくなりました。

歯医者さんも女医さん、女は女同士、心療内科の先生も女医さんが、市内で見つかり、何とか、元の生活に戻れるよう、初めて心療内科の門を叩きました。
しかし、この最初の思いもしない、つまづきが、私の心の大きな傷になろうとは、誰が予想したでしょう。


蒸し暑い日でした。待合室は、窓が締切、エアコンも動いていませんでした。
暑がりの私には、入った時から、苦痛でした。
予約制で、初診の私は、2時間半以上待たされ、汗だくで、吐き気がして、冷汗まで出てきました。

予約の患者さんたちは、全て診察が終わり、やっと自分の名前が呼ばれ、診察室に入りました。
年配の女医さん、しかし、内科の医師でした。

「心療内科は、木曜日の予約制、一応、話だけは、聞くから」と言われました。
私は、体調不良で、体がだるく、吐き気がする。と伝えました。
「今日は、薬は担当医じゃないから出せません。改めて木曜日に来て下さい。」
そう言われて、その日は、そのまま帰宅しました。

それから、ますます吐き気が酷くなり、ほとんど食事らしい食事も摂れず、フラフラでした。
眠れず、涙が止まらず、次の木曜日には、動く事すらできませんでした。

二週間後、予約の電話をしようとかけたら、一ヶ月後なら空いてると言われました。
予約を取り消すなら、前もって電話するようにと、きつく対応に出た人に言われ、しんどくて、電話ができなかったと言うか言わないかで電話をガチャンと切られてしまいました。

そして、予約した木曜日、心療内科医という年配の女医の診察を受ける事になりました。
問診書と前回の内科女医のメモを見ながら、第一声

「どうされましたか?」  マニュアルなのか?私は、それしか言えないのかと思いました。

私は、「亡くなった主人の通院していた歯医者さんで、突然、主人の事を思い出して号泣したら、歯医者さんが、様子がおかしいので、一度、心療内科で診てもらった方がいいと勧めてくださったので来ました。」と言うと

女医さんは、「おかしな答えをするねぇ、私は、どうされましたかと聞いてるのよ」
しばらく沈黙が続きました。

すると、机に音を立てて、ノートらしきものを置いて
「何しに来たの?答えてもらわないと何も進まないでしょ」と大きな声で言われました。
私は、どう答えてよいのか、考えがまとまらず、おどおどしていました。
「吐き気が酷くて、ごはんも食べたくなくて、食べてもゴムを食べているような感じで、体が物凄くだるくて、夜も眠れず、朝方までぼぅっとして、主人の事を思い出しては泣いて・・・」
とここまで言うと、また私は、泣き出してしまいました。

女医さんは、私の方へ椅子を向けて
「ちょっと待って、あのねぇ、ここは、悩みの相談室じゃないのよ。泣かれても困るのよ。ご主人が亡くなったり、家族が亡くなったら誰でも悲しい。でも、それは、ただの感情移入。病気でもなんでもない。吐き気がする。眠れない。それに対しては、私は、薬を出してあげられる。ここは、何度も言うけど、悩みの相談室じゃない。泣くなら家に帰ってからにしてくれない?

それに、食べなきゃ誰でも体重は減る、当たり前の事、すぐに病気に結び付けようとするのは、素人の考え、今日は、薬を出してあげるけど、大したことないわ、心配しなくても、私は、医者だから、見ただけでわかる。眠れないのも、お昼とかに自然に寝てるからじゃない?それをいちいち、夜に眠れないと言うのもわざとらしいし、多少、食べなくても
あなたには、まだまだ脂肪も筋肉もついてるから大丈夫よ。

あなたより、もっと深刻な人たちが大勢、私の診察を待ってるの、市内には他に心療内科があるから、そっちへ行って、せいぜい好きな事言って泣くといいわ。それにね、あなた、心療内科を勘違いしてるわ。内科や外科と同じ、熱がある。すると医者は、調べて病名を突き止めて薬を出す。ケガをした。手当をし、薬を出す。

心療内科に来る前に、内科の先生に診てもらったでしょ?
熱もなく、悪いものも食べたわけでもなく、病名はつかなかった。ただ、吐き気がする。眠れない。
私は、それに対して薬を出す。あなたの悩みを聞くのが、心療内科じゃないわよ。

歯科医師に何か言われたの?先入観を持って、心療内科へ来たんでしょ?
自分は、病気じゃないかってしっかりしてるじゃない。
本当に、病気の人は、自分からはここへは来ないわよ。
あなたは、悲しいのを誰かに認めてもらいたいだけなの。忘れかけたら、思い出し、泣く。
自分で感情をコントロールできてるじゃない。本当に病気の人は、そんな事すらできない。

余計な事だけど、いきさつをいちいち付け足すのは、やめといた方がいいわ。
簡潔に、吐き気がする。眠れない。だけでいいの。
あなたの話は、本題に入るまで長いのよ、何処で誰にどうされたとか、私に説明しても無意味でしょ?
診察時間が、長くなるだけ他の待ってる患者さんが、迷惑するから」

私は、この女医さんとのやり取りを何度夢に見たか。
「甘えてるんじゃないの?ただ、あなたは、悲しいという事で、怠けているだけ、わかっているでしょ?
自分でも意識がちゃんとあるでしょ、病気でも何でもないのに、あなたは、病気になったつもりで現実逃避したいだけなの」
「頑張りなさい。ご主人だって、そんな今のあなたを見たら、後ろ髪をひかれて成仏できないわよ」
と捨て台詞を言われました

その帰り道、私は、自動車事故を起こした。
自分で、どうにもできない苦しみを何とか助けてもらおうと受診した心療内科
こんな今の私だと、あんなに苦しんで苦しんで亡くなった主人に更に追い打ちをかけるのなら、消えてしまおうと思った。
涙で、目の前が見えなくなり、その瞬間、
「もう、いいや・・・」とアクセルを踏んでいました。

でも、私は、生きていた。死ねなかった。車は、前部が大破したのに、生きていた。
人間、そんなに簡単には死なない。じゃあ、何で主人は亡くなったのか?

一字一句、鮮明に覚えている。
二度と、心療内科なんか行くものか。
薬は、処方箋をもらったが、薬局へ行かず、何も飲まずに、必死に耐えた。
私は、何をしにあの医院へ行ったんだろう。ますます、吐き気が酷くなり、食事も摂れず、
起き上る事すらできなくなってしまいました。

10月26日、『開院のお知らせ』というチラシを手に取った。
ピンク色のかわいいチラシだった。
「心療内科」という文字が目に飛び込んできた。
あれからずっと市販の胃薬を飲み続けていたが、一向にムカムカ感が取れない。
とにかく、一日中、気持ちが悪い。耳鳴り、吐き気、体がだるくてどうしようもない。

余計な事を言わずに、薬だけもらいに行こうか?
あまりにもしんどくて、そう思い始めていました。
どんな雰囲気なのか電話をしてみました。
市内のあの女医さんを含めて他の4軒の心療内科とは、全然違う応対だったのです。

患者さんは、たくさん来ていました。みんなテレビを観たり雑誌を読んだり、お喋りをしたり、スマホをいじったりと一見、普通の感じでした。
きれいにメークもして、身なりも髪の毛もきちんとしている人ばかりでした。
私はといえば、すっぴんに髪はバサバサ、流行遅れのジャンパーにズボン、寝てない、食べてないでヨレヨレ状態でした。この違いは、何だろうと目を疑いました。

かなりの待ち時間で、隣に座っている人の嫌い系の香水のせいで、吐き気で冷や汗が出て来ました。
もう、帰りたい。そう思った時に、スタッフの女性が、私の目の前に来て、名前を呼び診察室まで付き添って誘導してくださいました。ドアまで開けて、そして、こじんまりとした診察室に、背の高い若い男性医師が、「こんにちはー、お待たせしました」と明るく出迎えてくださいました。

泣かない、余計な前置きは言わない、質問された事に簡潔に答える。
そう、言い聞かせて椅子に座りました。
問診書を基本に、聞き取りが始まりました。
15分ぐらいの診察時間だったろうか・・・

とても穏やかに、話をされる先生です。
時折、涙が溢れそうになり、精一杯、余計な事を言わないよう気をつけて話をしました。
思った事が、口から出てこない。考えがまとまらない。支離滅裂な事を言ってる気がしました。

でも、先生は、ジッと耳を傾けてくださいました。
今の苦痛を何とか伝えようと、できるだけ、悩みの相談のように話を傾けず、苦痛だけを伝えようと努力しました。

【身体表現性障害】最初の私の病名

処方してもらった薬は、以前の女医さんの時と全く同じでした。
「スルピリド」前の時は、処方箋は出してもらったが、薬局には行かなかった。初めて飲む薬
「ファモチジン」胃薬
「レンドルミン」睡眠薬

一ヶ月後、「スルピリド」から、「ルボックス」へ変わる。
月に二度の診察、少しずつ、先生は、どうしてこんな状態になったかを聞き出そうとされます。でも、同じ過ちを繰り返したくない。
心療内科は、悩みの相談室ではないと女医さんは、はっきりと言い切った。
私は、薬だけが欲しかった。余計な事は言ってはいけない。と話をするのに気をつけていました。

先生は、そんな距離を簡単に埋めるが如く、独特の話し方で、私の心の壁を突き崩してしまわれました。
「何でも話してよ」と言われました。

気取らず、優しい話し方をされる先生です。
副作用の辛さや、どんな症状で苦しんでいるかなど、細かく説明を求められます。
患者が、一番して欲しい事、それを聞き出そうとされる先生です。

二ヶ月後、「ルボックス」から、「トリプタノール」へ変わる。
この頃から、寝つきはいいけど、午前3時になると目が覚めてしまうようになっていました。
頓服として、「マイスリー」を飲んで二度寝するように勧められました。
思ったように、食事が摂れず、極度の栄養失調状態で、フラフラでした。
先生から、本気で入院を勧められましたが、拒否しました。

理由は、病室へ入れられたら、間違いなく私は、発狂するでしょう。
主人の最期の場所、家にいても、月末が近くなってくると、家なのか病室なのか区別がつかなくなるほど酷いフラッシュバックが起こります。
泣き叫び、平常心ではいられなくなります。

私は、言う事をきかない悪い患者です。

12月の診察で、先生から、
【死別反応性うつ病】と病名を改められた。

主人が入院した14日から、亡くなった31日がくるたびに、気持ちが一気に下降へと向かう。食事ができなくなり、少しずつ家事ができるようになりかけていても、体が重たくなって、動けなくなる。主人の遺骨の前に座る時間が長くなり、褥瘡が更に酷くなる。

とにかく、辛い。
何が辛いのかさえわからない。
しんどくてたまらない。悲しくて泣き通し。でも、一ランク上に上がっているのが自分でもわかる。泣き止む事ができるようになりました。

4月から、「トリプタノール」を増量し、50mgの服用になりました。
副作用は、倍になるけど、今まで、夕食を食べるのがやっとだったのにお昼も少しずつ食べられるようになりました。私には、かなりの効果があるようです。
副作用は、想像以上に凄いです。

まずは、薬の味
飲むときに、水で即座に流し込まないと口の中の舌や内頬に薬がついたら、大変な味がします。石油を飲んでいるような味です。

そして、便秘と口の渇き、便秘薬を出してもらっていますが、私は、ドラッグストアで、ダイエタリーファイバーのお徳用粉末を購入し、大量の水分とともに、飲むようにしています。口の渇きは、しょっちゅう、お茶や水を口にふくんで対応するしかありません。

最後は、眠気、私は強い睡眠障害のため、この眠気は、心地のいい気分です。
一日中、フワフワとした眠気があります。普通程度の人なら、飲んで少ししたら、睡魔が久しぶりの夢の世界へ誘ってくれる事でしょう。

どちらにしても、やっと、相性のいい薬に出会えたというところです。
そして、何よりも信頼のおける素晴らしい専門医に巡り合ったという幸運でしょうか。
心から感謝し、自分のペースで治療に励んでいます。

コメント14件コメントを書く

この病気体験レポートは参考になりましたか? 参考になった

コメント(14件)

  • 拝読しました。信頼をおくことができる専門医に巡り合えてほんとうによかったですね。ゆっくり時間をかけて病気と付き合って,向き合っていきましょう。必ず治りますから。そう信じてください。前の自分に戻るのではなく,新しい自分に向かって,一歩ずつです。祈念しています。
    投稿:2014/05/01 20:28
  • 辛かったでしょうね。
    ご主人はきっと「お前のせいじゃないよ。元気になって俺の分も生きてくれ」と言っているように思います。
    ご主人が亡くなったのは病気です。懸命に看病された奥さんが原因な訳がありません。
    ご自分を責めないでください。
    最初に行った心療内科の女医の対応には怒りを覚えます。
    そんな医者がいるなんて信じられません。
    私も心療内科に通っています。1度目はおじいちゃん先生でただただ話を聞いてくれました。
    私はうまく説明できず話しながら泣くばかり。それでもうなずいてくれました。
    心療内科って優しいところなんだなと思いました。
    その後、別の病院へ行く事になりましたが今度は女医さん。
    その先生も優しく話を聞いてくれます。
    あなたはたまたま酷い先生に当たってしまったんですね。
    でも今の先生が信頼できるなら思ってる事を隠さず吐き出してしまった方が良いと思います。
    きっと良くなります。ゆっくり回復していけば良いと思います。


    投稿:2014/06/11 21:48
  • 貴女様のような奥様をもち、ご主人様はさぞ幸せな人生だったことでしょう。
    残された側は、どんな場合でも自分を責めてしまいます。

    読んでいて涙が止まりませんでした。
    壮絶な闘病をされたのですね。

    最初に行かれた病院の医師、最悪ですね。。
    病院不審になってしまいます。

    苦しい・辛い という日々の中、やっとの思いと勇気で診察を受けにいかれたのでしょうに…対応が人としてどうかと思えるほどにあんまりですね。

    どうか心と体の痛み、今の先生の元で良くなっていかれますように。
    投稿:2014/06/13 16:31
  • 初めまして。僕は父を二十歳の時に亡くし
    母を30歳の時に亡くしました。その2ヶ月後に祖母を亡くしました。
    身内を失くすことな片肺をもぎ取られたような心に穴が
    空き背中にあった分厚い壁が急に無くなったような心細さに加え無力感、喪失感に悩まされました。
    僕は見合い結婚を25歳の時にし元嫁の家に養子になりました。
    娘と息子も生まれ仕事も頑張っていました。
    毎日が明るく楽しく充実した生活でした。
    しかし元嫁の両親と同居してから人生が変わり始めました。
    結婚して5年目に母が亡くなりました。
    酸素マスクを一晩中抑えながら母を励ましていましたが朝方に容態は急変し還らぬ人になりました。
    元嫁からも同居していた義父母からも特に優しい言葉をかけられませんでした。他人事だったのですね。
    それから段々と義父母からの冷たい仕打ちや元嫁からの
    冷たい言葉の毎日に加え職場の異動により異動先の上司からのパワハラ、モラハラが始まりました。
    逃げ場のない僕は唯一の身内である兄を頼り養子先の家を出て二週間実家にいましたが世間体の悪さか元嫁が迎えに来て養子先に帰りましたが状況はさらに悪化し鬱になりました。
    鬱の辛さは省きます。更に発達障害も現れまた職場が
    統合で変わり発達障害の為のミスもあり先輩からの
    モラハラも加わり家庭内の不和も加わり義母と大ゲンカをしてしまいました。
    僕は元嫁を愛し信じていましたので翌日には何とかなると思っていましたが元嫁の答えは離婚してくれとの言葉が返ってきました。
    一週間以内に家を出てくれと。
    頭の中は真っ白になりました。
    しかし養子である僕には選択することは出来ませんでした。
    悲しくて悔しくて腹が立ちましたが子供らを残して
    家を出ました。娘は18歳、息子は15歳でしたので
    義父母も計画していたのだと思います。
    離婚のショックから鬱もますます酷くなり嫌気もさしていたのと発達障害で職場の人に迷惑をかけるのは忍びないと
    思い仕事を辞めました。
    退職金は自棄になり全て使い果たし借金をし返す事が出来ず自己破産をし生活保護と障害年金で暮らしています。
    僕も過去の自分を責め取り返しのつかない過去の記憶に
    責められてます。
    亡くなったご主人はあなたに凄く愛されていたのですね。
    僕はそんなあなたのご主人が羨ましいです。
    悲しみの最中のあなたの悲しみや孤独感はあなたの
    ご主人に対する愛に比例しているのでしょう。
    僕も母の死から立ち直るのに10年の歳月を要しました。
    お釈迦様の漫画「ブッダ」を読み誰にも起こる苦しみや悲しみ「愛する人との別れの苦しみ」
    「嫌な人との出会いの苦しみ」などを知りかなり
    心が救われました。
    あなたはあなたを責めることはありません。
    ましてやあなたのことを愛していたご主人があなたを
    恨むようなことはありません。
    あなたが暗く悲しみに暮れ泣いてばかりいるなら
    ご主人は心配で仕方ないかもしれません。
    僕も毎日、元嫁や子供らのことや、楽しかった思い出が
    蘇り悲しく辛くなります。
    でも、それは過去のことなんです。
    どうやっても取り返しがつかない時間なんですね。
    あなたがご主人のことを思い出しながら涙を流すのは
    いいと思いますが必要以上に体調を崩すまで
    思いを馳せ、悲しむのはあなたや亡くなったご主人の
    為にはならないと思います。
    あなたがあなたらしく明るく楽しく生きることで
    ご主人も安心してあなたの側にいて微笑んでくれるのではないでしょうか?
    あなたがあなたらしく明るく楽しくご主人が愛した
    あなたのまま天国に行ってはじめてご主人とまた
    笑いあい再会できるのではないのかなと思います。
    先に出会った嫌な女医は医師ではありません。
    あなたを高める為に試練として出てきた物です。
    人間ではありません。
    優しくあなたの今の辛さを聞いて診察してくれる医師が
    本当の医師です。
    僕のかかりつけの医師は経験豊富で優しい医師ですが
    確かに待ち時間は長く受付は冷たい対応ですし
    3分診療ですが他の苦しむ患者さんもいるので
    仕方ないかなと思っています。
    過去や未来は自分ではどうしようもないもので
    過去には戻れませんし未来には行けません。
    そういったことを知っていたからこそ悟りを開いたお釈迦様でさえ未来を見通せる人間を探し側に置いていたのでしょうね。
    悲しむのは悪くはありません。
    後悔もするでしょう。
    人間なら当たり前ですよね。
    ただそれだけに囚われて体調や心を壊しては
    あなたの愛したご主人の御供養が出来なくなってしまいますよね。
    僕は兄と絶遠していますので御墓参りにも行けない状況なんですが。
    御墓参りに行きたくても行けない。
    お線香の一本もあげれません。
    祖父や祖母や父、母も悲しんでいるかもしれません。

    僕は元嫁には愛されなかったけど祖母や父、母には
    たくさん愛されました。
    だからみじめな情けない今でも生きていけてるのだと
    思います。
    あなたも一所懸命にご主人を愛したのだと思います。
    ご主人も死ぬまであなたを愛したのだと思います。
    それで充分だと思います。
    あなたがずっと悲しむのはもっともっとご主人を愛したかった、ご主人にもっともっと愛して欲しかったのではないでしょうか?
    それはいくら飲んでも喉の渇きが癒えないような愛で
    渇愛という苦しみだと思います。
    それは僕にもあります。
    もっともっと元嫁に愛して欲しかった、
    もっともっと元嫁を愛したかったという思いです。

    長々とすいませんでした。
    どうか1日もら早くあなたが心安らかにご主人の思い出と
    向き合えることを、あなたが幸せに暮らせるように
    お祈りしております。
    投稿:2015/10/07 19:22
  • 今、お身体は如ですか?

    どんな薬も、やっぱり副作用があります。

    からだの他の臓器に異常は出ていませんか?

    向精神薬は乱用しがちにもなるし、依存もしてしまいます。

    心配です。

    でも。ほんとに辛かったでしょう

    よくここまで我慢されましたね

    あなたの心に平安が訪れて、
    投稿:2015/10/25 20:34
  • 疲れた心も身体もゆっくり休む時が与えられますように。

    文章が途中になりました。

    ごめんなさい。

    お祈りしています。
    投稿:2015/10/25 20:36
  • お近くでしたら、そっと、横にいてあげたかったです。

    ご主人の分まで、生きてほしいです。穏やかな日々が1日でも多くありますように。
    投稿:2015/12/02 22:24
  • (削除されました)

  • 素晴らしいドクターに巡り合えて本当によかったですね。私は呼吸器の病気で入院したのですが、そのときの女医もずいぶん冷たい対応でした。病気になったのは「自業自得です」と言われたときは悲しくて悔しくて情けなくて……。今は寛解してその病院に行くこともなくなりましたが、経験の浅い女医にだけはかかりたくないものだとつくづく思います。(私の愚痴を述べてしまってすみません。)
    投稿:2015/12/14 17:04
  • 気持ち凄くよくわかります。
    私も母が亡くなってからもうすぐ2年近く経ちますが、不定愁訴が続いています。

    始めは介護疲れが出て体調が悪いだけで、時間が経てば回復すると軽く考えていたのですが、時間の経過と共に症状が悪化しています。

    元々、躁うつ病の持病があったので、また始まった・・・っと客観的に捉えていたのですが、今回はかなり重症みたいです。

    でも私の場合はルボックスを長期服用していたら日光アレルギーになってしまうし、他の薬も色々試してみたのですが、副作用が強くて使えませんでした。

    そこで、漢方薬の桂枝茯苓丸加ヨクイニンと生理前は加味帰脾湯、生理後は酸棗仁湯を処方して貰った処、劇的に以前は回復したのですが、今は症状が酷いので漢方だけでは無理みたいだし、西洋薬は体に合わないしどうしようか考えてます。

    幸い私の場合は愛猫が心の支えをしてくれているので、なんとか前を向いて生きれてますけど、死別性うつ病って時間が経ってもなかなか癒えてくれないものですよね・・・4年前に20歳の愛猫を亡くして、次は母を亡くして、今でも他界した愛猫が夢に出てくると夢中で抱きしめたり、母や愛猫の生前の事を思い出しては、あの時もっとああいてあげれば良かったとか、こうしてあげてれば良かったとか後悔の念が付きまといます。

    漢方専門の心療内科もあるけど、どんな先生がいるのか分からないし、うつの時に嫌な人と会うと死んでしまいたくなる位つらいですもんね。

    私も頼れる心療内科と巡り合いたいです(涙)
    投稿:2015/12/25 19:01 編集:2015/12/25 19:04
  • ニャン太です。7年前運転中突然心肺停止、2週間意識不明
    医師から植物人間か、認知症は覚悟して下さいと言われました。だからか、同じ話をしたり忘れてばかり、孤独で話し相手荷物誤字脱字ばかり。ガラケーから、スマホに変えて人生の視野が広がりました^_^。500文字にまとめるの大変‼️
    ICDの入った一級障害者、去年は弁膜症の手術。13歳の時、泊ったホテルが火事、2人亡くなり私は身体の3分の1火傷。
    一年休学、皮膚移植の日々。火傷の入院中は、包帯では間に合わなくて滅菌の布で包まれ、交換の度に死ぬ程痛かった😂あの頃から強がりPTSD❓なのかな。心臓悪いのに薬は全て心療内科ばかり。薬の欄に検索しても出来ません。
    デパケン2錠朝、夕、ソラナックスあさ、昼、夕、レンドルミン寝る前、ベンザリン寝る前、ルボックス朝、夕2です。参考になれば幸いです。
    投稿:2015/12/27 12:05
  • ちなみな、今通院中の心療内科大嫌い😡 火に油、アドバイスも全く心に響きません😰一年間通院しても、薬は増えるだけ、医師があんたの話し聞きたく無い❗️と診察室のドアを閉めてキレて出て行きますます。寒いので沖縄に90歳の母と過ごしたら良くなると言われ、私の病気の為だと旦那様は一ヶ月間息子、自分のお弁当作る、洗濯も、野球のクラブチームの泥だらけの洗濯。感謝です。ICDを入れてから息切れがひどく野球のユニフォーム洗うの無理。そのまえは、仕事の送り迎え、洗濯、もちろんお弁当、旦那はスーパーの袋もお米も持たない、甘やかし過ぎ、土下座され17歳年下だから。障害者になって免許返して、楽になりました^_^。スーパーの袋持ってくれる。
    洗濯機の使い方を教える。ニャン太の旦那と反抗期の中2の
    息子と歩くホッカイロと、微笑ましく取り合い。小さい頃から動物大好きな私。家畜系は全て動物じゃなく家族の一員感覚、死ぬまで責任持つ事が当たり前。私が一ヶ月間家を開けると、手乗りコザクラ死んじゃう😱息子が4歳の時、お祭りのミドリガメはさすが長生き20センチ以上あります。動物嫌いな旦那は何でお祭りの¥200の亀に暖房、大きくなるたびに水槽変える❗️部屋が臭いから捨てろ❗️2匹が実家に帰省の間に脱走😂死んだり、脱走はあなた達の対応が悪かった、と喧嘩❗️息子は、朝は元気だったのにと大泣き😂初めて動物の死に出逢えて逆に社会勉強になったかな⁇、42歳で帝王切開で産んでまだ13歳。只今反抗期。旦那は39歳だから私が先に老いる覚悟ナシの勢い一目惚れ結婚。だから、短気で思いやりたから、今苦労しています。口が達者なので思いやりナシ😡毎年、離婚、離婚の喧嘩。息子の一言で辞めました。夫婦喧嘩に子供を巻き込むな😡やはりこんな環境でも両親揃った方が良いんだと反省。バパは厳しいから私に反抗しても旦那には絶対服従‼️愚痴ばかりの私との生活はシンドイと思います。私の被害妄想の様な現実きっと回覧なさった同病者には、きっとうなづいて頂けると思います。私も同病者様の声に励まされた1人です🤗💖
    投稿:2015/12/27 16:54
  • なんて医者でしょう。医者の資格なんか剥奪しても良い。
    旦那様を亡くされた哀しみから立ち直れない貴女に非道過ぎる。私も今かかっている病院に辿り着くまで、内科医に待ち合い室で二時間以上待たされ挙げ句の果て、只の自律神経失調症と言われてうちの病院では扱えないと言われました。心療内科を受診したけれど余り良くならず、そこに家庭でのストレスがのしかかり、発作的に死を考えてしまい。初めて入院した病院では虫けらのように扱われました。恐らくは合わない薬(私の場合スルピリド、一般ではドグマチールが全く合わなかったのです)で中毒症状を起こし、筋肉が強張り全く話すこともできず食事も取れない状態になりました。その私の口にお粥をねじ込みながら、あんたが柔らかいお粥が良いって言ったのになんで食べないのよ、ふざけんなって言った看護師の顔、名前。一生忘れません。幸い私の義父が大学病院につてがあり、その病院を強制的に退院させてくれました。医者と喧嘩して。
    そして大学病院に入るまでの二週間、口も開かず、開いても薬も飲み込めない私の為に薬をペンチで潰し、飲ませてくれ、症状は軽減していきました。
    それから7ヶ月、大学病院に入院し、結局は一年も家を空けていました。
    自分に合うお薬やお医者さんは大事ですね。それに治療も私には入院が合いましたが、病院から哀しみを思い出してしまわれるなら、通院しながらお医者さんと検討されて最善の治療法を見つけられるのがよいかもしれません。
    自責の念、悔しさ、遠い道のりかもしれないけれど。ゆっくりと半歩ずつでも貴女の心に平安が訪れますように。
    投稿:2016/03/11 18:55
  • よい医師に出会われたようで心から安心しました。
    症状の改善、また寛解へ持っていくには時間がかかるかもしれませんが、少しずつご自身の人生を亡くなったご主人の思い出とともに心穏やかに歩めることができるようお祈り申し上げます。

    私は家族が精神科に通っています。
    そしてこちらに書かれているような酷い医師に出会うことがあります。
    本人だけでなく、家族ですらも殺意を覚えるほどの酷い言葉をかけられることがあります。
    精神科や心療内科にかかってある患者さんは心が弱り判断能力が低下していたり、的確に自分が置かれている状況を説明できない方が多いです。
    家族が本人に問うてもわからないことがあるくらいですから他人に説明できるわけがありません。
    そして、以前に比べれば格段にはへりましたが、やはり精神科や心療内科にかかるという偏見を避けるために、通院していること自体を隠しているかたもいらっしゃいます。
    そのため、他の診療科よりも質の悪い医師が淘汰されにくく、はびこっているのではと考えています。
    そして、お世話になっている以上、本人も家族もなかなかその不満を病院や医師に訴えることはできないのです。
    「じゃあ、こなくていいよ」そう言われれば、また一から病院を探さなくてはならないからです。
    他の診療科と同じように評価機関等が適切に判断できる制度を国として設けてもらえればと願うばかりですが、
    それまではこのような病院評価サイト等を参照して劣悪な医師や病院に出会わないように自衛が必要です。
    自分が辛かったことをこうして表現するのはとても心が切られるような思いではなかったかと推察いたしますが、
    投稿者さんのこの勇気ある投稿が今支援を必要としている人たちの病院選びに大変役立っているのではないかと思います。
    同じ心の病気を抱える家族を持つものとして、その勇気ある投稿に感謝申し上げます。
    投稿:2016/06/20 23:40
  • 私も貴方と、同じ別れを配偶者【妻】と致しました。現在も生きる方が辛いと想うときも有りますが、無事に見送れた!看護、介護、働きながら定年迄どうにか現在にまで、たどり着きました。ご主人と巡り合った貴方で、無ければ出来なかった介護、看護、ご苦労様でした。此れからは貴方自身を、もっと労ってあげてください。
    投稿:2016/09/10 22:17
  • (削除されました)

コメント投稿にはログインが必要です

うつ病に関連する病気体験レポート

【うつ病に関する体験レポート(281件)を読む】

うつ病に関連する病院口コミ

  • 本当に良い先生です!山本先生に出会えなければ、 ここまで元気になることはできなかったと思います。
    5.0 しらたま 山本亜希メンタルクリニック(東京都 千代田区)
  • 新宿ストレスクリニックのうつ病治療は最高水準だと思います。 治療内容は具体的には次のとおりです。
    5.0 鶴569 新宿ストレスクリニック 本院(東京都 新宿区)
  • 一番初めに来たときはこちらの希望をうまく汲み取ってもらえず衝突しましたが、それより後はこちらの希望を
    5.0 aiya000 千葉駅前心療内科(千葉県 千葉市中央区)
  • 病院の先生、看護師、受付の人みんなとても丁寧です。 月曜日と水曜日の午前中は担当が院長先生だからな
    5.0 のりじ 安田病院(宮城県 仙台市宮城野区)
  • 以前うつ病、不眠等で受診していました。 完全予約制なので、予約さえ取れれば待ち時間も少なく、待合室
    5.0 もえぎ696 ひなたメンタルクリニック(福岡県 福岡市博多区)

【うつ病に関する口コミ(1157件)を読む】

病気体験レポートを投稿する

image

あなたの病気体験談や情報をCalooで共有してください。

Calooでは、皆さまご自身やご家族の方が経験された病気についての体験談を募集中です。

病気体験レポートを投稿

病気体験レポート1件掲載につき3,000〜10,000ポイント(300〜1,000円相当)をプレゼント!
病気レポート投稿について詳しくはこちら

口コミを投稿 病気体験レポートを投稿

医療機関の関係者の方へ

無料医療機関会員登録
  • 掲載情報の編集・追加
  • 口コミへの返信
  • 貴院ページのアクセス数確認
詳しくはこちら