Caloo(カルー) - [特集記事] 子宮筋腫に悩む方へ腹腔鏡による手術で助けになりたい(1/9)
病院をさがす
子宮筋腫特集

子宮筋腫に悩む方へ腹腔鏡による手術で助けになりたい (1/9) 四谷メディカルキューブ 副院長 ウィメンズセンター長 子安 保喜 先生に聞く

掲載日: 2014年05月26日

記者: 具志林太郎

子宮筋腫の治療法や最新情報について、四谷メディカルキューブ副院長の子安保喜先生にお話を伺った。
子安保喜 子安保喜先生

子安保喜 略歴

四谷メディカルキューブ 副院長 ウィメンズセンター長

  • 婦人科内視鏡下手術(腹腔鏡、子宮鏡)
  • 日本産科婦人科学会専門医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医 
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
  • 兵庫医科大学卒業
  • 宝塚市立病院産婦人科 主任医長、大阪市立大学産婦人科 非常勤講師
  • 兵庫医大産婦人科 非常勤講師
  • 日本産科婦人科学会、日本産科婦人科内視鏡学会(評議員、幹事)
  • 日本内視鏡外科学会、日本産婦人科手術学会
  • 東京産科婦人科学会 評議員

子宮筋腫は手術を選択するべきかどうかの判断が重要

記者:子宮筋腫手術を行う上で大切にされていることを教えて頂けますか?

子安先生:私たちが大切にしているのは、本当に手術が必要なのかどうかをしっかり判断することです。外来で大きさや症状をみていき、一定のラインに達した時に手術という選択をしています。子宮筋腫の手術は本当に必要な人だけに行いたい、それが私たちの考え方です。

記者:どのような方が受診されていますか?

子安先生:四谷メディカルキューブにはいろいろな病院を回られても希望通りの治療が受けられず、悩まれて、最終的に当院へたどり着いたという方が多くいらっしゃいます。

実際、月経不順や腹痛などで病院を受診された結果、大きな子宮筋腫があると診断され、その場で子宮を取るしかない、しかも開腹手術で大きな傷も残ると言われたら精神的ショックは大きいと思います。

そのような方がインターネットなどで調べられて、腹腔鏡の手術をやっているところにも行かれたものの、そこでも筋腫が大きすぎ腹腔鏡では手術ができないと言われ、悩まれて、最後に当院を見つけていらっしゃる方が大勢います。

記者:手術前に受診者の方へしっかりご説明すると伺いました。

子安先生:非常に悩まれて当院を受診されている方が多いため、初診では30分ほどお時間をお取りして受診者の方のお悩みをしっかり受け止めて、お聞ききしています。実際、大変悩まれている方々ですのでいろいろとお話して頂けます。

初診の結果、手術を当院で行うべきという判断ができましたら、手術の前に3回に分けて外来におこし頂いて術式、費用の説明をしっかりと行い、疑問点などがあれば投げかけて頂きます。

手術の説明は入院してからというところもあると思いますが、当院では外来で行うことで、本当に手術を行ってもよいか費用の面も含めてしっかり判断して頂いています。

子安保喜
口コミを投稿 病気体験レポートを投稿

医療機関の関係者の方へ

無料モニターのご案内
  • 完全無料でお試し
  • 貴院のお手間一切なし
  • 掲載効果を数値で実感
詳しくはこちら