Caloo(カルー) - 治療実績: 日本赤十字社医療センター - 渋谷区
病院をさがす
アクセス数  9月:6,283  |  8月:6,462  |  年間:61,329

治療実績

病気別治療実績(DPCコードに基づく)

種類 DPCコードに基づく病気名 治療実績 順位
合計 手術あり 手術なし 東京都 全国
神経系疾患 脳腫瘍 217 52 165 8位 42位
くも膜下出血、破裂脳動脈瘤 21 21 - 19位
未破裂脳動脈瘤 68 29 39 19位
非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外) 86 22 64 22位
非外傷性硬膜下血腫 11 11 - 45位
脳梗塞 159 14 145 54位
一過性脳虚血発作 18 - 18 35位
脳血管障害 40 23 17 20位
脳脊髄の感染を伴う炎症 29 - 29 27位
パーキンソン病 11 - 11 55位
水頭症 16 16 - 21位
てんかん 83 - 83 26位
脳の障害(その他) 12 - 12 22位
眼科系疾患 白内障、水晶体の疾患 230 230 - 68位
緑内障 93 93 - 10位 90位
硝子体疾患 12 12 - 31位
耳鼻咽喉科系疾患 頭頸部悪性腫瘍 22 - 22 27位
耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 18 18 - 30位
扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 19 - 19 71位
睡眠時無呼吸 54 - 54 38位
顔面神経障害 27 11 16 21位
前庭機能障害 21 - 21
滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 19 19 - 8位 70位
慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 28 28 - 16位
呼吸器系疾患 肺の悪性腫瘍 428 93 335 32位
インフルエンザ、ウイルス性肺炎 43 - 43 37位
肺炎等 349 16 333 10位
誤嚥性肺炎 113 12 101 46位
急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 136 - 136 11位
喘息 121 - 121 9位
間質性肺炎 90 - 90 17位
慢性閉塞性肺疾患 19 - 19 46位
呼吸不全(その他) 13 - 13 30位
肺・縦隔の感染、膿瘍形成 14 - 14 36位
呼吸器の結核 10 - 10 10位 73位
気胸 48 26 22 29位
肺高血圧性疾患 10 - 10 21位
循環器系疾患 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 34 34 - 65位
狭心症、慢性虚血性心疾患 530 199 331 32位
頻脈性不整脈 81 58 23 52位
弁膜症(連合弁膜症を含む。) 14 - 14 53位
心不全 150 21 129 65位
解離性大動脈瘤 10 - 10 50位
非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 15 15 - 42位
閉塞性動脈疾患 59 45 14 49位
肺塞栓症 12 - 12 30位
循環器疾患(その他) 11 11 - 22位
徐脈性不整脈 55 36 19 37位
消化器系疾患、肝臓・胆道・膵臓疾患 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 65 14 51 34位
胃の悪性腫瘍 178 106 72 34位
小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 42 - 42 13位 86位
結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 262 131 131 22位
直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 183 68 115 17位 100位
肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 420 296 124 7位 40位
胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 92 21 71 9位 59位
膵臓、脾臓の腫瘍 326 100 226 7位 30位
小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 268 239 29 48位
穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 65 - 65 48位
食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 108 50 58 18位 92位
胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 26 14 12 65位
虫垂炎 110 70 40 26位
鼠径ヘルニア 209 209 - 5位 35位
閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア 49 49 - 6位 16位
虚血性腸炎 46 - 46 7位 86位
ヘルニアの記載のない腸閉塞 133 51 82 23位
痔核 20 20 - 16位
劇症肝炎、急性肝不全、急性肝炎 22 - 22 18位 53位
アルコール性肝障害 10 - 10 58位
肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 55 19 36 26位
胆嚢疾患(胆嚢結石など) 19 19 - 67位
胆嚢水腫、胆嚢炎等 85 85 - 28位
胆管(肝内外)結石、胆管炎 169 127 42 26位
急性膵炎 23 - 23 47位
慢性膵炎(膵嚢胞を含む。) 11 - 11 22位
腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 54 28 26 13位 71位
ウイルス性腸炎 61 - 61 54位
細菌性腸炎 10 - 10 72位
その他の消化管の障害 18 - 18 27位
筋骨格系疾患 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 17 - 17 28位
脊椎変形 19 19 - 14位 73位
膝関節症(変形性を含む。) 33 33 - 52位
脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 38 38 - 22位
脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 315 298 17 7位 32位
脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 21 21 - 3位 27位
椎間板変性、ヘルニア 60 49 11 14位
股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 79 79 - 18位
重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 46 - 46 31位
血管腫、リンパ管腫 12 - 12 14位 71位
その他の筋骨格系・結合組織の疾患 13 - 13 30位
皮膚・皮下組織の疾患 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 12 12 - 32位
皮膚の良性新生物 15 15 - 36位
膿皮症 51 12 39 44位
食物アレルギー 65 - 65 6位 52位
乳房の疾患 乳房の悪性腫瘍 134 112 22 37位
内分泌・栄養・代謝に関する疾患 内分泌腺および関連組織の腫瘍 22 - 22 4位 5位
2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 87 - 87 16位
2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 115 15 100 7位 29位
糖尿病足病変 12 12 - 13位 90位
副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 51 - 51 15位 79位
低血糖症 10 - 10 30位
下垂体機能低下症 19 - 19 21位
下垂体機能亢進症 32 - 32 10位 37位
アミロイドーシス 354 14 340 1位 1位
その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 26 - 26 27位
腎・尿路系疾患及び男性生殖器系疾患 腎腫瘍 19 19 - 34位
後腹膜疾患 19 19 - 9位 86位
腎盂・尿管の悪性腫瘍 18 - 18 39位
膀胱腫瘍 53 53 - 66位
前立腺の悪性腫瘍 275 47 228 19位
上部尿路疾患 62 50 12 46位
前立腺肥大症等 27 27 - 30位
男性生殖器疾患 20 20 - 29位
ネフローゼ症候群 20 - 20 23位
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 383 132 251 6位 45位
急性腎不全 15 - 15 50位
腎臓または尿路の感染症 69 - 69 79位
腎、泌尿器の疾患(その他) 14 - 14 3位 49位
水腎症等 55 55 - 7位 31位
女性生殖器系疾患及び産褥期疾患・異常妊娠分娩 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 68 14 54 32位
子宮頸・体部の悪性腫瘍 176 103 73 26位
絨毛性疾患 10 - 10 9位 31位
子宮の良性腫瘍 152 152 - 20位 87位
卵巣の良性腫瘍 102 102 - 11位 73位
子宮内膜症 17 17 - 40位
子宮・子宮附属器の炎症性疾患 15 - 15 9位 56位
異所性妊娠(子宮外妊娠) 34 34 - 1位 11位
流産 63 63 - 5位 6位
妊娠早期の出血 41 - 41 2位 5位
妊娠高血圧症候群関連疾患 62 51 11 2位 7位
妊娠合併症等 59 22 37 1位 1位
早産、切迫早産 222 67 155 1位 4位
胎児及び胎児付属物の異常 219 157 62 4位 20位
前置胎盤および低置胎盤 20 20 - 4位 25位
(常位)胎盤早期剥離 13 13 - 1位 2位
女性性器のポリープ 25 25 - 32位
子宮の非炎症性障害 12 12 - 16位 96位
分娩の異常 311 311 - 1位 2位
血液・造血器・免疫臓器の疾患 急性白血病 57 46 11 24位
非ホジキンリンパ腫 168 68 100 27位
多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 183 92 91 1位 1位
慢性白血病、骨髄増殖性疾患 12 12 - 8位 62位
骨髄異形成症候群 45 45 - 15位
白血球疾患(その他) 21 - 21 11位 63位
貧血(その他) 22 22 - 37位
播種性血管内凝固症候群 20 10 10 15位
出血性疾患(その他) 17 - 17 11位 97位
新生児疾患、先天性奇形 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 630 70 560 2位 10位
脳、脊髄の先天異常 13 - 13 6位 30位
先天性耳瘻孔、副耳 11 11 - 4位 43位
先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。) 139 56 83 7位 41位
停留精巣 47 47 - 5位 23位
小児疾患 熱性けいれん 38 - 38 10位
川崎病 68 - 68 8位 60位
外傷・熱傷・中毒 頭蓋・頭蓋内損傷 106 52 54 24位
肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 11 11 - 69位
胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 52 30 22 24位
鎖骨・肩甲骨の骨折 19 19 - 67位
肩関節周辺の骨折・脱臼 11 11 - 63位
肘関節周辺の骨折・脱臼 26 26 - 25位
前腕の骨折 30 30 - 87位
股関節・大腿近位の骨折 88 88 - 36位
下腿足関節周辺の骨折 12 12 - 18位
足関節・足部の骨折・脱臼 12 12 - 80位
詳細不明の損傷等 46 - 46 9位 35位
薬物中毒(その他の中毒) 32 - 32 20位
その他 敗血症 25 - 25 48位
その他の感染症(真菌を除く。) 19 - 19 32位
手術・処置等の合併症 105 81 24 16位
その他の悪性腫瘍 12 - 12 18位
その他の新生物 26 26 - 20位
平成18年度DPC参加病院(2018年4月〜2019年3月退院患者の統計)
※件数が10件未満の場合は、統計が公開されていないため表示していません
※DPCに基づく治療実績では、口腔がんなどの口腔外科系疾患、精神科系疾患が含まれていないケースが多い点にご留意ください

近くの病院

PR
TCB東京中央美容外科 新宿東口院 (東京都新宿区歌舞伎町)
TCB東京中央美容外科 新宿東口院
新宿歌舞伎町の美容外科 土日祝診療。美容整形・ダイエット・医療脱毛。メール相談、WEB・LINE予約
診療科:美容外科、皮膚科
街の頼れるドクターたち Vol.051
六本木整形外科・内科クリニック  (東京都・港区)
  • 前田 真吾院長
  • 後藤 駿介理学療法士
  • 急性期病院
    東京都立広尾病院 (東京都渋谷区恵比寿)
    診療科:内科、呼吸器内科、循環器内科、外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、産婦人科、小児科、精神科、歯科口腔外科、放射線科
  • 急性期病院
    北里大学北里研究所病院 (東京都港区白金)
    診療科:内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、内分泌代謝科、リウマチ科、神経内科、腎臓内科、外科、呼吸器外科、心臓血管外科、消化器外科、乳腺科、整形外科、形成外科、美容外科、リハビリテーション科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、婦人科、小児科、精神科、漢方、放射線科、予防接種、人間ドック
  • 急性期病院
    診療科:内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、リウマチ科、アレルギー科、神経内科、外科、呼吸器外科、消化器外科、乳腺科、脳神経外科、整形外科、形成外科、肛門科、リハビリテーション科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、産科、婦人科、産婦人科、小児科、心療内科、歯科、矯正歯科、小児歯科、歯科口腔外科、内視鏡、予防接種
  • 急性期病院
    総合病院厚生中央病院 (東京都目黒区三田)
    診療科:内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、血液内科、呼吸器外科、消化器外科、乳腺科、脳神経外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、産婦人科、小児科、精神科、予防接種、人間ドック
  • 急性期病院
    伊藤病院 (東京都渋谷区神宮前)
    診療科:内科、外科、放射線科
ポイントアップキャンペーン

この医療機関の関係者の方へ

無料医療機関会員登録
  • 掲載情報の編集・追加
  • 口コミへの返信
  • 貴院ページのアクセス数確認
詳しくはこちら
(東京都港区 南青山)
表参道ヘレネクリニック
3.58 1件 17件
診療科:内科、心臓血管外科、整形外科、形成外科、美容外科、皮膚科、美容皮膚科、麻酔科
最先端の幹細胞治療と美容外科を提供します
(東京都品川区 上大崎)
目黒外科
4.83 15件 153件
診療科:内科、外科、心臓血管外科、整形外科、形成外科、美容外科、皮膚科、美容皮膚科、漢方
目黒駅より徒歩30秒。下肢静脈瘤の治療に特化したクリニック。痛くない日帰り手術。内科も対応しています
内科
オペラシティクリニック
  • 室賀 一宏院長
東京都新宿区の内科・漢方内科「オペラシティクリニック」。室賀一宏院長に「漢方内科を標榜することになった背景」や「診療において心掛けているこ…(続きを読む)
神経内科
うすだ内科クリニック
  • 臼田 和弘院長
東京都世田谷区の内科・脳神経内科「うすだ内科クリニック」は2018年開院。臼田和弘院長に「医師の道を志したきっかけ」や「脳神経内科を選んだ理由…(続きを読む)