Caloo(カルー) - ゴルフのやりすぎで脊柱管狭窄症が悪化。足先まで全部痺れているような感覚に。 : 病気体験レポート
病院をさがす

ゴルフのやりすぎで脊柱管狭窄症が悪化。足先まで全部痺れているような感覚に。

猫目石160 (30歳代・女性)

3,218views 2015年12月22日投稿 4votes 0comments

今から6.7年前、茨城で水商売をしていて、お客様とのお付き合いで月に7.8回はゴルフのラウンドに行っていました。多いときは月に10回ラウンドに行っていました。その生活を5.6年続けていました。そしてその時が来る2週間位前から、ゴルフのスコアが思ったように良くなく悔しくて毎日ゴルフの練習場で近距離のアプローチの練習を100球くらい打っていました。なんとなくいつもの座骨神経痛のような痛みはあるなと思ってはいましたが気にしないでいました。ところがある日、お客様とお食事に行ってる時に右足の膝から下が痺れているような感覚に気づきました。正座してないのになんでだろう?と思ったのですが、その気持ち悪い痺れの感じはその日1日中治らず、何だかおかしいと思いました。最初は少しの痺れでしたが、2.3日経ち日に日にひどくなっていき、右足の付け根から足先まで全部痺れているような感覚になりお尻の方まで変な気持ち悪い痛みも強くなり、歩くのがびっこをひくような感じになりこれはおかしいと思い、接骨院にいきました。
そして診察とレントゲンの結果、産まれ付きの脊柱管狭窄症の持ち主だったことが判明しました。それなのにゴルフの腰をひねる動きをし続けた結果、そのような状態になってしまったようです。その後、さらに痛みは増し右下半身が麻痺しているような状態を感じました。病院でもらった痛み止めや末梢神経を良くする薬や電気を流す治療などを2.3週間していました。その間、ずっとびっこをひくような歩きかたで何とか歩けるような状態でした。担当してくださった先生からもゴルフ禁止令が出たので当時はゴルフも出来なくなってしまいました。(今では、年に1、2回は行っています。)治療していって徐々に良くなりましたが、今でも座骨神経痛の痛みか、おしりが万年痛いです。

コメント0件コメントを書く

この病気体験レポートは参考になりましたか? 参考になった

脊柱管狭窄症に関連する病気体験レポート

【脊柱管狭窄症に関する体験レポート(8件)を読む】

脊柱管狭窄症に関連する病院口コミ

  • いつも混んでいます。 待つのが嫌で最初は別の整形外科に行きましたが、セカンドオピニオンでかとう整形
    5.0 シルバー かとう整形外科クリニック(岩手県 盛岡市)
  • 脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・腰部椎間板ヘルニア、腰の悩みは福田恵介医師を訪ねて。 長年椎間板ヘルニア
    5.0 emmahouse 仙台東脳神経外科病院(宮城県 仙台市宮城野区)
  • 三年来腰痛(頸椎狭窄症、すべり症)に悩み、日常にもやや支障をきたすも 明確な治療も出来ないまま過ご
    5.0 紗代 徳島大学病院(徳島県 徳島市)
  •  妻は長年患っていた脊柱管狭窄症を、こちらの九州労災病院で手術をしていただきました。脊柱管狭窄症手
    5.0 スズラン 独立行政法人 労働者健康安全機構 九州労災病院(福岡県 北九州市小倉南区)
  • 何度かお世話になっています。父子とベテラン先生の3名で診療しており、どの先生もきちんと原因や対応策な
    5.0 ジン 碧水脳神経外科クリニック(神奈川県 横浜市南区)

【脊柱管狭窄症に関する口コミ(58件)を読む】

口コミを投稿
アポクル予約

医療機関の関係者の方へ

初期費用無料・3カ月間無料!
クリニック専用の予約管理システムが
月額1万円からご利用いただけます。

詳しくはこちら