Caloo(カルー) - 高熱が続き、喉も目も真っ赤に。アデノウイルス(プール熱)でした。 : 病気体験レポート
病院をさがす

高熱が続き、喉も目も真っ赤に。アデノウイルス(プール熱)でした。

さっちゃん (30歳代・女性)

1,235views 2015年06月17日投稿 1votes 0comments

当時4歳だった長女がアデノウイルスになりました。
病院や、幼稚園・保育園などによっては、プール熱とも言われる事もあるようです。

金曜の午後、さっきまで元気だった長女が突然ぐったりしだしました。
熱を測ると38.6度。
寒気を感じるようで、すぐに布団に横になりました。
その日はいつも行っている小児科が休みだった為、前回の風邪の時に小児科で処方してもらった風邪薬を飲ませて様子を見ました。

土曜日、朝起きた時から39.3度。
元気も無いですし、食欲もありません。
飲み物も一口がやっとの状態です。
熱冷ましのカロナールも残っていた為、8時頃飲ませました。
1時間後、少し体が楽になってきたようで、飲み物とゼリーを少し食べました。
しかし、午後になり39.9度まで熱が上がり、親の私が怖くなってきた為、土曜診察を行っている小児科に行きました。
そこで溶連菌とインフルエンザの検査をしましたが、陰性。
のどがとても赤いとは言われましたが、普通の風邪と診断され、風邪薬と抗生物質を処方されました。
午後、カロナールを飲ませ、ほんの少しのパンと飲み物を飲んで、横になっていました。

日曜、やはり朝から39.0度。
カロナールを飲ませ、飲み物とゼリーを食べました。
今日は咳も強く出て、目が赤く薄ら充血したようになっていました。
昨日病院にも行っている為、薬を飲ませ、下がらない熱を心配しながら様子を見ていました。
午後になり、また39.9度まで熱が上がり、飲み物しか飲めていない状態なのに、嘔吐まで加わりました。
脱水を起こしてはいけないと思い、こまめにこまめに水分を摂るようにしていました。
咳が辛そうで、見ているのが辛かったです。

月曜、やはり39度より熱が下がりません。
いつも行っている小児科に行き、再度、溶連菌・インフルエンザ・アデノウイルスの検査をしました。
すると、アデノウイルスで陽性反応。
この高熱はアデノウイルスによるものでした。
アデノウイルスは、4~5日間39~40度の熱が出る事が大きな特徴で、特効薬はありません。
4~5日高熱が続くと、ストンと36~37度に下がります。
のどがとても痛く、目も赤くなるそうです。
全ての症状が一致しました。
長女は、月曜日で4日目の高熱だった為、長くても翌日には熱が下がるだろうと言われました。
「もう少しの辛抱だよ」と娘を励ましました。

火曜、朝起きると37.3度まで熱が下がっていました。
長女もとても体が楽なようで、テレビを見て踊ったり、歌ったり、昨日までが嘘のように体が動いていました。
ですが、大分体力も落ちている為、横になったり、昼寝をしたり、起き上がったりを繰り返していました。

アデノウイルスにかかると、解熱後2日間は幼稚園に行けません。
火曜の午後に36度まで下がった為、最短で金曜日まで自宅療養です。
金曜の午前、再度小児科に行き、先生から登園許可証をもらい幼稚園に復帰しました。

突然の高熱にとても心配しましたが、原因が分かり、元気になってとても安心しました。

コメント0件コメントを書く

この病気体験レポートは参考になりましたか? 参考になった

プール熱(咽頭結膜熱)に関連する病気体験レポート

【プール熱(咽頭結膜熱)に関する体験レポート(27件)を読む】

プール熱(咽頭結膜熱)に関連する病院口コミ

  • 私自身も診察を受けたことがありますが、物腰が柔らかなとても優しい先生です。 子どもがプール熱にかか
    5.0 れおれお 用賀眼科(東京都 世田谷区)
  • 以前息子を連れて行っていた病院の先生は腕のいい女医さんですが勝気な方でした。ある時息子と私が同時に体
    5.0 桜姫 まつしたこどもクリニック(山梨県 中巨摩郡昭和町)
  • 子どもがプール熱に罹った際にお世話になりました。 風邪をひいていた子どもが、ある朝急に大量の目
    5.0 鳳仙花934 医療法人宮下眼科医院(栃木県 宇都宮市)
  • 子供が急に高熱を出し、土曜日の午前中にほかの病院に受診しました。その際インフルエンザの検査をしました
    5.0 きの あさくらこどもクリニック(神奈川県 横須賀市)
  • [症状・来院理由] 保育園で咽頭結膜炎熱が流行している中、息子の目が充血していましたが当日は休診日
    5.0 まちこママ ゆげ小児科クリニック(福岡県 北九州市小倉北区)

【プール熱(咽頭結膜熱)に関する口コミ(16件)を読む】

口コミを投稿
アポクル問診

医療機関の関係者の方へ

すべての電子カルテに連携できる
WEB問診システムが
月額1万円からご利用いただけます。

詳しくはこちら