Caloo(カルー) - 難病と言われる怖い病気「パーキンソン病」。珍しい病気ではなくなってきた : 病気体験レポート
病院をさがす

難病と言われる怖い病気「パーキンソン病」。珍しい病気ではなくなってきた

ぽよらー (40歳代・女性)

620views 2017年09月11日投稿 5votes 0comments

家族がパーキンソン病だと数年前にある病院で言われました。めまいのようにふらふらして、浮き感があって、ふわふわして気分が悪くなる、といった症状がありました。血圧も高い方だったので、血圧からの病気なのか、原因不明でどこの内科や神経内科、循環器科で診察してもらっても原因不明でした。MRIやCTなどいろんな検査を受け、怖いながらにも立ち向かって原因を早く見つけたいと思っていました。

そんなあるとき、パーキンソン病と言われました。めずらしい病気ではなくなってきているようです。手足の震えや、ふらつきやめまいがあると、しっかりと足が前に出なくて1人では歩くのが怖くなるほどです。家族に手を取ってもらい、一緒だと安心するから歩けるけれど、1人だと恐怖が先に出てしまって歩く事も難しい状況でした。不安神経症のような感じです。
パーキンソン病ときくと治らない難病のようだと、最初は怖くて、本人は尚更受け止める事も出来ずに余計に怯えてしまいました。そんな時だからこそ、周りが支えてあげないとと思いました。ドーパミンが脳から出ないと興奮神経が働かなくて脳からくる神経の働きが鈍くなり、行動神経が全身にうまいこと行き渡らなくなるそうです。

年寄りで一人暮らしなどをしていて、毎日同じ暮らしをしていて刺激とかも少ないとドーパミンが出なくなって脳も怠慢になってしまうのです。なので、できる限り人との接触や家族との触れ合いを大切にして、嬉しい楽しいを作れるように家族一丸となりました。デイサービスで病院のリハビリとは違って仲間を作ってお勉強したり、運動したりすることはとてもいい刺激となっているようです。

もちろんそれだけではなく、有名な先生に見ていただきお薬の効果もあって、今では当初よりもお薬の数も回数も減って1人で歩くのも前向きな気持ちになりました。

コメント0件コメントを書く

この病気体験レポートは参考になりましたか? 参考になった

パーキンソン病に関連する病気体験レポート

【パーキンソン病に関する体験レポート(12件)を読む】

パーキンソン病に関連する病院口コミ

  • ケヤマネージャーさんに名医ですと言われました。 とにかく丁寧に丁寧に診てもらえます。 薬
    5.0 のぶ2020 脳神経内科はつたクリニック(大阪府 枚方市)
  • 家族が三年前にパーキンソン病と診断されて、今年に入ってから徐々に動きが悪くなってきました。同時にジス
    5.0 よう のげ内科・脳神経内科クリニック(神奈川県 横浜市中区)
  • パーキンソン病で大学病院に通院していましたが、急に具合が悪くなった時や風邪を引いたときなど、直ぐに受
    5.0 やまぶき895 武蔵中原まちいクリニック(神奈川県 川崎市中原区)
  • ある日突然口が歪み、手の震えが収まらなくなって、脳神経外科クリニックから紹介を得て、この病院で受診を
    5.0 レッド176 地方独立行政法人 神戸市民病院機構 神戸市立医療センター西市民病院(兵庫県 神戸市長田区)
  • 母がパーキンソン病で10年近く(更新時点では10年以上になります)お世話になっています。どこの病院に
    5.0 うさみみくまこ 独立行政法人 国立病院機構 相模原病院(神奈川県 相模原市南区)

【パーキンソン病に関する口コミ(23件)を読む】

口コミを投稿

医療機関の関係者の方へ

無料医療機関会員登録
  • 掲載情報の編集・追加
  • 口コミへの返信
  • 貴院ページのアクセス数確認
詳しくはこちら