Caloo(カルー) - DoーClinicの口コミ・評判(54件)
病院をさがす
DoーClinic 整形・運動器リハビリテーション
3.96
( 利用者の声 54件… 口コミ1 アンケート53件 )
  • 北海道札幌市中央区南1条西14丁目291番地81 ウィステリア南1条ビル3F地図
  • 西15丁目駅西18丁目駅
  • 駐車場あり
  • クレジットカード可
  • ネット予約
  • 土曜も診療
  • 夜間〜20:00
アクセス数  12月:398  |  11月:291  |  年間:2,463
  • DoーClinic 整形・運動器リハビリテーション 写真1
  • DoーClinic 整形・運動器リハビリテーション 写真2
  • DoーClinic 整形・運動器リハビリテーション 写真3
  • DoーClinic 整形・運動器リハビリテーション 写真4
  • DoーClinic 整形・運動器リハビリテーション 写真5
整形外科医の診断と運動機能が専門の理学療法士の評価により痛みの原因をつきとめ1番適切な治療を考えます

市電西15丁目駅から徒歩1分にある当院は、整形外科診療と運動器リハビリテーションが中心のクリニックです。当院は以下の4つを診療の柱としています。

クレジットカード決済、電子マネーでの決済も可能となっております。

1.運動機能を治すリハビリテーション
2.骨粗しょう症のチーム医療
3.肩関節の最先端の診断と治療
4.健康寿命をのばすためのさまざまな検診

 整形外科では手術を中心として治療を行うことが多いですが、組織の損傷は結果であり、痛みの原因は違う場所にあることが多いです。当院では「原因」に目を向け、医師と理学療法士が連携をして診断・治療にあたります。そういった方針で診療を行っていると、整形外科に来院されるほとんどの患者さんがリハビリで症状が改善され、リハビリテーションの重要性を実感しています。

 しかしリハビリはマッサージと思われている患者さんも多いのが現状です。当院のリハビリは、自ら変わることをコンセプトとし、正しい身体の動きを覚えてもらうことを主体としています。経験豊富な理学療法士がそのサポートをします。

 スポーツ整形の治療も大部分がリハビリテーションで治療できるものであり、身体の正しい動き方をすることで高いパフォーマンスが発揮できます。

 肩関節を専門としており、リハビリで治すこと以外にも、超音波を使ったハイドロリリースの診療や、サイレントマニプレーションといった最先端の手術治療も提供できるように、日々精進しています。

 骨粗しょう症認定医として、一人でも多くの骨折を予防できればと考え、骨粗しょう症治療にも力を入れています。正確な骨密度計測や新しい概念である「骨の質」にも目を向け、さらに筋肉の量を計測できる最新の体組成計を導入しており、身体の評価を行います。骨粗しょう症マネージャーによる説明や栄養指導、運動指導、歯科との連携など、さまざまな面から骨粗しょう症治療を行っています。

 身体の痛みは、姿勢の悪化、筋力の低下、身体の硬さなどが始まりと考えています。そのため運動器健診という新しい取り組みで身体の動きをチェックし、身体の衰えを早期にみつけ、動きを変えていくことで、ロコモティブシンドロームの予防、健康寿命を延ばすお手伝いができればと考えています。

 身体の「動き」のスペシャリストとして、患者さんの笑顔のために、スタッフ一同精一杯診療していきます。お気軽にご相談ください。

診療案内

院長・スタッフ紹介

DoーClinic 整形・運動器リハビリテーション 道家 孝幸 (Takayuki Dohke) 院長
道家 孝幸 (Takayuki Dohke) 院長

当院は運動機能(身体の動き方)を重視した整形外科(整形内科)のクリニックです。

 スポーツドクターを目指して、医学の世界に飛び込んでから、これまで大学病院や関連病院で手術を中心に研修を積んできました。しかし手術を中心とした整形外科の診療だけでは、治療は不十分だと痛感し、リハビリテーションの重要性を強く感じるようになりました。

 また整形外科医は関節の変形や腱の断裂など「結果」をみてそれを治療しようとしますが、その痛みの「原因」に目を向け、原因に対して治療していくことが大切だと考えています。その「原因」は痛いところから離れた場所にあることが多いです。しかしそのような痛みの原因の評価は整形外科医だけでは不十分であり、理学療法士と連携した治療をしていくことが、患者さんにとって1番望ましい治療だと考えており、当院ではそれが実践できる環境を作りました。

 そもそも整形外科の疾患の根本の始まりは、姿勢の悪化や運動習慣がなくなることによる筋力の低下、身体の硬さなどだと考えます。そして運動機能が悪くなり、関節疾患へと連鎖していくと思います。骨粗しょう症も同様で、加齢とともに骨が弱くなっていくと、骨折が生じ、変形や筋力低下でさらなる骨折へと連鎖が生じ、介護が必要となることが多いです。Do-Clinicではそういった運動能力の低下を早期にみつけることで、整形外科疾患の予防、そして健康寿命を延ばすお手伝いができると考え、運動器健診という新しい取り組みも行っています。内科健診と同様に、動く能力の健診を体験していただきたいです。

 トップページにものせている「その痛み、どこから? 生きることは動くこと」がまさに私の診療スタイルです。それに共感してくれるスタッフが集まり、新しい形の整形外科診療を行っています。身体の痛み、ぜひ一度ご相談ください。痛みをなくし、動きをよくするお手伝いができればと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

略歴
2006年 札幌医科大学医学部卒業
2016年 札幌医科大学医学部大学院卒業

主な職歴
2006年 札幌医科大学附属病院臨床研修医
(勤務:旭川赤十字病院、札幌医科大学附属病院)
2008年 札幌医科大学附属病院整形外科診療医
2009年 市立千歳市民病院整形外科医師
2010年 市立室蘭総合病院整形外科医長
2011年 北海道立子ども総合医療・療育センター整形外科医長
2012年 札幌医科大学附属病院整形外科診療医
2017年 同助教
2018年 市立千歳市民病院整形外科主任医長
2019年 6月 Do-Clinic 開院
資格
日本整形外科学会専門医
日本骨粗鬆症学会認定医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本整形外科学会認定リウマチ医
World Rugby Immediate Care in Rugby Level 2
(グランドドクターの国際資格)
学会
日本整形外科学会
日本肩関節学会
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)
日本整形外科スポーツ医学会
日本骨粗鬆症学会
日本骨代謝学会
日本肘関節学会
  • 山崎 肇 (Hajime Yamazaki) 副院長
    山崎 肇 (Hajime Yamazaki) 副院長
    私は、平成元年に理学療法士になってから、数多くの患者さんを担当させて頂きました。様々な状態の方々を診させていただく中で、運動器に問題のある患者さんの治療は、やりがいがある!と感じていました。そしてその治療に必須の徒手療法を学びたく、平成5年に札幌へ。恩師の教えを請いながら、様々な勉強をさせて頂き、多くの方々との出会いの場を提供して頂き、様々な経験をさせて頂きました。
     手術治療後の患者さんや保存治療の患者さんを診させて頂く中で、手術後の患者さんは、手術の効果もかなり大きな要素を占めていますが、手術だけでは、決して良くならないと感じることも多く、また保存治療の患者さんでは、薬も注射もしなくても、症状が目の前で変化していく様を感じました。
     その中で至った結論は、「我々理学療法士にできることがある、いや我々にしかできないことがある!」です。運動器疾患の治療は、整形外科医の治療と理学療法士の治療との両輪でなくてはならないと思っております。
    どちらか一方が欠けては、治療の成功はないと思っております。
     道家院長とは、数年前から肩学会や勉強会などで、ご一緒させていただいていました。

     今回、当クリニックの開設準備に関わらせて頂き、打ち合わせをしていく中で、共感する部分が多く、なんて同じ目線で患者さんを診ているのだろうと! こんな医師見た事ない、一緒に働きたいと強く感じました。
     私は、自分の考えと同じ考えの仲間が働く、クリニックを作りたいと常々思っていました。今回、それができると確信しています。

     当クリニックのリハビリのコンセプトは、『自ら治す!』です。我々理学療法士は、皆さんが治っていく過程をお手伝いするのであって、治すのは皆さんです。
    受動的(受け身的)ではなく能動的(自発的)に積極的(主体的)に治療に参加して頂きます。
    クリニック名にもある” Do ”には、『する』という意味がありますが、他にも

    『Movement=動く』
    『Active=活動的な』
    『Change=変わる』
    『Exercise=運動』
    『Awareness=気づき』
    『Quality=質(を高める)』

    などの意味を含ませています。
    皆さんが変わっていくのをお手伝いさせて頂きます。
    皆様が困っていることを一緒に考えさせてください。
    そして、「自ら」治して行きましょう。

基本情報

医療機関名称 DoーClinic 整形・運動器リハビリテーション
医療機関名称
(かな)
どぅーくりにっくせいけいげかうんどうきりはびりてーしょん
所在地 〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西14丁目291番地81 ウィステリア南1条ビル3F 【地図
最寄駅 西15丁目駅西18丁目駅
アクセス 地下鉄東西線 西18丁目駅より南東方向へ徒歩5分
札幌市電 西15丁目停より東へ徒歩1分(西15丁目停目の前)
地図
※ 地図はおおよその位置を表しています(ぴったり一致しないこともあります)
電話番号 011-222-3334
公式サイト https://do-clinic.jp/
ネット予約 24時間ネット予約可能です。 (ssc5.doctorqube.com)
診療時間正確な診療時間は医療機関のホームページ・電話等で確認してください
09:00-12:3009:00-12:3009:00-12:3009:00-12:3009:00-12:30
13:30-18:0014:30-18:0013:30-18:0013:30-18:0013:30-18:00
18:00-20:0018:00-19:00
休診日:日曜日、祝日
※土曜日は休診日があります。ホームページやお電話でご確認ください。
クレジットカード 利用可
駐車場 あり
地下駐車場提携あり
管理医師 道家 孝幸

診療科目・専門外来・専門医

診療科目
外科系
整形外科リハビリテーション科
専門医
整形・形成・皮膚・泌尿器系
整形外科専門医

この病院の口コミ (1件)

1人中1人が、この口コミが参考になったと投票しています。

つかさ(本人・40歳代・女性)

交通事故に遭い、仕事でなかなか昼に病院通いも難しいので、夜もリハビリ施設が開いているのでこちらの病院に通いました。先生もラクビーをやられているようで、体育会系の先生でした。肩周りの筋をやられてしまい、...

来院時期: 2020年04月 投稿時期: 2021年05月
待ち時間: 5分〜10分 通院 薬:
料金: ※事故により自己負担なし
続きを読む

この病院のアンケート (53件)

  • 4.0 アンケートを見る 大変よくなりました(左肩)
    病名・治療名
    骨粗鬆症
    整形外科 2021年12月投稿
  • 4.5 アンケートを見る 予約システムがとても良い。待たずに受けられる。
    病名・治療名
    右肩腱板断裂|注射、血液検査、その他検査 リハビリ
    整形外科 2021年12月投稿
  • 5.0 アンケートを見る 家でも運動を続けるよう、指導してくれるのでとても良い
    病名・治療名
    肩のリハビリ
    整形外科 2021年12月投稿
  • 4.5 アンケートを見る かなり満足
    病名・治療名
    肩コリ|リハビリ、投薬
    整形外科 2021年12月投稿
  • 4.5 アンケートを見る 担当制なので経過を毎回言わなくてもいいので良い。
    病名・治療名
    五十肩|可動域を広げるリハビリ
    整形外科 2021年12月投稿

DoーClinicの基本情報、口コミ・アンケート54件はCalooでチェック!整形外科、リハビリテーション科があります。整形外科専門医が在籍しています。土曜日診察・夜間対応・駐車場あり・クレジットカード利用可。