Caloo(カルー) - 診療案内(整形外科・リハビリテーション科・要支援・要介護通所リハビリテーション 他): 小見川あすなろクリニック - 香取市
病院をさがす
アクセス数  9月:106  |  8月:44  |  年間:254

診療案内

整形外科

整形外科とは、手・足・背骨など、全身の運動器官を構成する、骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経の病気、外傷(ケガ)による損傷などを治療する科です。

症状の多くは痛み、しびれ、四肢の変形や腫れ、歩行障害などで、適切な治療を行うことによって患者様の生活の質の向上をめざす診療科です。

"痛み"に関する事や運動器について、お子様からお年寄りまで幅広く対応させて頂いております。

整形外科の医師・スタッフ紹介

  • 大塚 隆弘 整形外科専門医 
    「腰痛や膝や肩などの関節痛でお困りの方は是非ご相談にいらしてください。」

    当院の特徴は運動器を中心としたリハビリテーションです。
    整形外科的疾患だけでなく、脳血管疾患や神経疾患による運動障害のリハビリも対応しています。

    保存療法では治療が困難な患者様に対しては、より専門性の高い医療機関での手術などのご相談についても対応させていただきます。

    1993年千葉大学医学部卒業。
    千葉大関連病院にて呼吸器外科、整形外科の研修後、2020年5月より小見川あすなろクリニック開設。

    日本整形外科学会 整形外科専門医 
    同認定リハビリテーション医 
    同認定リウマチ医 
    同認定スポーツ医

リハビリテーション科

リハビリでは患者様の体の状態(関節や筋肉、動作)を評価することで、適切な治療を選択し、提供できます。

私たちは、日々進歩する医学の中で、最新の正確な情報や知識・技術を地域に還元していくことにより地域に貢献していけるよう心掛けています。

「患者様に「笑顔」で日常生活を送って頂けるよう、職員一同真心を込めて取り組んでいます。」

【個別リハビリテーション ※予約制】
◆受付時間
午前:9:00〜11:40
午後:14:00〜17:40

◆診療時間
午前:9:00〜12:30
午後:14:00〜18:30

【物理療法(低周波,けん引,超音波,干渉波)※予約不要】
◆受付時間
午前:9:00〜12:00
午後:14:00〜18:00

◆診療時間
午前:9:00〜12:00
午後:14:00〜18:00

【リハビリ開始までの流れ】
1. 初診
医師の診察を受けていただきます。

2. 問診
現在の症状、治療に対してのご希望などをお伺いします。

3. 治療計画の立案
各個人の状況に合わせたリハビリ計画を立てます。

4. リハビリ開始
理学療法士等による治療開始

5. リハビリ予約
次回の予約をお取り致します。
また初診の方は、空き状況により当日または日を改めての受診となりますのでご了承下さい。

要支援・要介護通所リハビリテーション

【要支援・要介護 通所リハビリテーションとは】
介護支援専門員のケアプランに基づき、利用者様の状態に合わせて理学療法士が個別のプログラムを作成します。

プログラムの内容は集団体操やマシントレーニングなどの運動療法や、低周波や超音波などの物理療法、認知症対策の運動など、その他幅広くご用意しています。
また理学療法士等による個別リハビリテーションの時間も設けており、利用者様の症状に合わせてケアします。

さらに当院では体組成計による筋力量や体脂肪率を定期的に計測し、利用者様のリハビリ効果をモニタリングしています。

【スケジュール】
◆午前の部(9:00~12:00)
9:00~9:30 血圧・脈拍測定、検温、全身状態のチェック、準備体操 等
9:30~12:00 個別リハビリテーション・運動プログラム、脳トレの実施(休憩を含む)、各種集団体操 等

◆午後の部(13:30~16:30)
13:30〜14:00 血圧・脈拍測定、検温、全身状態のチェック、準備体操 等
14:00〜16:30 個別リハビリテーション・運動プログラム、脳トレの実施(休憩を含む)、各種集団体操 等

※送迎サービスについて
ご自身・ご家族での通所が困難な場合には送迎も行っておりますので、ご希望の方はご相談ください。

【プログラム】
小見川あすなろクリニックの通所リハビリテーションでは利用者様のご希望を尋ねながら、医師及び理学療法士等がその人にあったプログラムを作成させて頂きます。

◆運動療法
個別にメニューを作成し、筋力トレーニングや歩行を含む日常生活動作訓練を行い、身体機能の維持・向上を目的におこないます。
またトレーニングマシンは数種類用意しており、下半身の運動だけでなく、高齢者では自主トレーニングが難しい体幹の筋力強化も行うことができます。

◆物理療法
当院の設備としてホットパック、超音波、低周波、干渉波、牽引があります。
理学療法士が利用者様の症状に合わせて設定します。

◆介護予防体操
加齢による身体面の機能低下を集団体操を行うことにより防止し向上を目指します。
また、自宅でも安全にできる、椅子に座ったままでの準備・整理体操も行っています。

訪問リハビリテーション

【訪問リハビリテーションとは】
利用者様のお宅を訪問し、心身の機能の維持・回復、日常生活の自立を図るために、理学療法のリハビリテーションを行うサービスです。
またご家族への介護や介助方法の助言・相談も行います。
病院やリハビリテーション施設への通院が困難な場合、退院、退所の日常生活に不安がある場合など主治医により訪問リハビリの必要性が認められた場合にサービスを受けることができます。

通所リハビリテーションと違う点は、実際の生活環境に添った練習ができること、利用者本人がリラックスして行えることです。

【プログラム】
◆半日のスケジュール
午前の部(9:00 / 10:10 / 11:20)
午後の部(14:30 / 15:20・15:40 / 16:30・16:50)

10分 / 20分
血圧、脈拍測定、検温、全身状態のチェック

30分 / 40分
個人に合わせた治療プログラム
(徒手療法、日常生活動作訓練、自主トレーニング指導)

◆運動療法
個別にメニューを作成し、筋力トレーニングや歩行を含む日常生活動作訓練を行い、身体機能の維持・向上を目指します。

◆日常生活の指導・助言
ADL(日常生活動作)指導や、福祉用具・補装具の提案、住宅改修の評価と相談を行います。
また、QOL(生活の質)向上や趣味、社会参加促進のための助言を行います。

◆介護相談・家族支援
療養生活上の相談や家族への介護指導などの精神的な支援や、福祉制度利用の助言や相談を行います。

【訪問リハビリについてのお問い合わせ】
TEL:0478-79-5683(代表)
FAX:0478-79-5684
電話受付:9:00~18:30
※土曜・日曜・祝祭日を除きます。

居宅介護支援

【居宅介護支援とは】
居宅介護支援(ケアマネジメント)とは、介護を必要としている人が適切な生活支援を受けられるよう、各種介護サービスに関する手続きを代行するサービスです。
要介護1~5の認定を受けている人がサービスの対象で、利用者様は介護支援についての知識が豊富な介護支援専門員(ケアマネジャー)に相談し、本人の希望や環境に合わせたケアプランを決定していきます。

【サービスの目的】
要介護状態になった利用者様が可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した生活を営むことができるよう配慮し、利用者様の心身の状況、その置かれている環境等に応じ、利用者様の選択に基づき、適切な保健医療サービス及び福祉サービスが多様な事業者から総合的かつ効果的に提供されるよう支援を行います。

被介護者の身体的・精神的な状況に合った適切なサポートを行い、自立した生活を送れるように支援することを目的としています。

【サービス内容】
担当のケアマネジャーが、利用者様からの相談や要望に応じてケアプランを作成し、それに沿って適切な介護サービスの提供者・事業者との調整を行います。

【対象者と利用料】
居宅介護支援サービスを受けるには、要介護1以上の認定を受けていることが条件です。
ケアプランの作成やケアマネジメントサービスはすべて介護保険が適用されるため、自己負担はありません。

【サービス利用開始までの流れ】
1. 見学や電話問い合わせ
自分に・家族に介護が必要になったら、お気軽にご相談下さい。

2. 申し込み
ご利用されたい方は申込用紙に記入の上、お申し込み頂きます。

3. 契約とアセスメント
ご自宅に伺い契約書類を基に、説明と契約をおこないます。
その際にご自宅での生活状況など細かく聞き取りをおこないます。

4. ケアプラン作成
ご自宅での生活状況の聞き取り結果を基にケアプランを作成する。

【居宅介護支援についてのお問い合わせ】
TEL:0478-79-5685
電話受付:8:30~17:15
※土曜・日曜・祝祭日を除きます。

すべての診療科目・専門外来・専門医

診療科目
外科系
整形外科リハビリテーション科