Caloo(カルー) - 診察案内(支持的精神療法・認知行動療法・マインドフルネス認知療法 他): みやたクリニック - 大阪市阿倍野区

  • 病院検索
  • 口コミ検索

みやたクリニック (みやたくりにっく)

06-6635-0550
3.68
( 利用者の声 5 件… 口コミ2 アンケート3件 )
7,095views (直近1ヶ月: 737 | 前の期間: 735
所在地:
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-31 アポロビル 7階 地図
最寄駅:
天王寺駅(大阪阿部野橋駅)阿倍野駅
  • 土曜日
  • 日曜日
  • 祝日
  • 早朝
  • 夜間
  • 救急
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可

診療案内

支持的精神療法

支持的精神療法とは、最も基本的な精神療法です。
医師が患者さまに寄り添いながら、患者さまの言葉に共感し傾聴します。
支持することによって、患者さま自らが問題点に気づき、整理し、解決策をみつけていけるよう促していく治療法です。

認知行動療法

これまでの偏った物事のとらえ方や考え方・感じ方・くせといった「認知」を、観察して意識的に変えていきます。
偏った考えに気づくことで、次第に行動も変化するため、より生き易い生活が送れます。
うつ病、パニック障害、社交不安障害や発達障害(自閉スペクトラム症や注意欠陥多動性障害)などの治療に用いたりします。

マインドフルネス認知療法

現代人は、考え過ぎる傾向にあります。自身のつらい経験から、今後起こるかもしれない出来事を悪く予測し、考え過ぎることで不安を煽り、そのことで頭がいっぱいになってしまいます。そのため、今現在の出来事に集中できず、充実感や満足感・楽しさ・生きがいを感じ難くなっています。

マインドフルネス認知療法は、「今現在」を深く感じられるよう意識を向けて、充実感や満足感が得られるよう促す治療法です。
具体的には、目を閉じて呼吸しているお腹の動きをただ観察するだけと、とても簡単な方法(マインドフルネス瞑想)です。
このマインドフルネス瞑想は、大企業やトップアスリートも取り入れています。

暴露反応妨害法

暴露反応妨害法は、不安が強い方、特に強迫性障害に有効な治療法です。

強い不安を感じてしまう方は、誤った認知から目の前の強い不安を避けるため、日常生活に支障をきたす問題行動をとってしまいます。
これらの行動に焦点を当て、耐えうる不安な状況を実際に体験(暴露)してもらい、問題行動で回避させずその不安が過ぎさるのに耐える(反応妨害)ことで、少しずつ不安に慣らし、次第に誤った認知や考え方が改善されていくという治療法です。

リワークプログラム

当院は、休職や退職された方のリワーク(復職支援)に力を入れております。
国土交通省の健康管理医(産業医)である院長が、各人毎にオーダーメイドのリワークプログラムをご提案し、サポートいたします。

カウンセリング

臨床心理士が医師としっかりと連携を取りながら、患者さまのつらい思いを少しずつ傾聴いたします。
共にその場でその思いを共有することで、患者さまご自身が気づきを得られる場になれば幸いです。

「寄り添う」ことは最大の癒しであると共に、最大の心理療法であると当院は考え、治療に臨んでおります。

薬物療法

当院では、出来るだけ薬物を使用しない方法で治療をご提案いたします。
ご提案した治療方法で改善がみられない場合や、薬物療法が有効となる症状の場合には、対照療法として薬物療法を取り入れております。

〜薬物療法が有効な症状〜
・強いうつ状態、不安状態や不眠症
・双極性障害
・統合失調症
・ADHD(注意欠陥多動性障害)など

服薬のみでは治りませんので、心理療法なども取り入れ、根本的な原因を解決するよう努めてまいります。

すべての診療科目・専門外来・専門医

診療科目
精神科系
精神科心療内科
専門医
精神科系
精神科専門医