Caloo(カルー) - 診療案内(消化器外来・肛門科・胃カメラ・大腸カメラ 他): 梶ヶ谷クリニック - 川崎市高津区
病院をさがす
医療法人社団慈生会 梶ヶ谷クリニック
4.64 ( レビュー数 347件… 口コミ7 アンケート340件 )
  • 土曜・日曜・祝日も診療
  • 女医
この医療機関への問い合わせ
ネット予約 公式サイト 044-877-0608
アクセス数  5月:1,518  |  4月:1,508  |  年間:15,747

診療案内

消化器外来

消化の中心として働く食道や胃腸、そしてその消化を助ける胆のうや膵臓といった消化器全般に発生するさまざまな症状や疾患を対象に専門的診療を行っております。

具体的には胸焼け、胃もたれ、下痢、便秘といった比較的身近に起きやすい症状から、逆流性食道炎、胃潰瘍、大腸がんなどの病気まで幅広い症状や疾患が診療の対象になります。

肛門科

当院の肛門科では患者様のプライバシーに対する配慮を第一に考え、リラックスした状態で治療を受けることのできる環境作りに勤しんでおります。

肛門科の診療において中心となる痔という病気は、種類にもよりますが、早期に治療を開始すれば、ほとんどの方が薬物療法を中心とする保存療法だけで治すことが可能です。また、痔に限らず肛門や排便に関連したトラブルには、早期発見の望まれる大腸がんなどの重篤な病気が隠れている場合もあります。

そのため、少しでも気になる症状が現れたら、ためらわずに肛門科を受診することが大切です。
肛門や排便のトラブルでお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

当院では最新型の電子肛門鏡デジタルアノスコープを使用しております。
このシステムを用いることにより、患者様と患部の状態を主治医と一緒に見る事が可能です。
デジタルアノスコープとは、肛門鏡で捉えた画像をデジタルで見ることができる直腸・肛門用カメラシステムです。電子カルテモニター上に拡大して表示できる為、患者様に具体的で分かりやすい説明を行うことができます。

胃カメラ・大腸カメラ

◆胃カメラ
内視鏡を使って胃や食道の粘膜を直接観察するため、食道・胃のポリープやがん、潰瘍、炎症など早期の病変を発見でき、組織採取も行えるため正確な診断が可能な検査です。胃カメラは、苦しい検査の代表とされていましたが、スコープの直径がとても細くなり、検査手法も洗練され、負担を大幅に軽減しています。当院では最新機器の導入と熟練した技術や豊富な知識により、苦痛のない検査を心がけています。

胃内視鏡検査で発見できるものには、胃がんや食道がん、喉頭がんがあります。がんというと開腹手術などの大変な治療が必要な生命にかかわる病気というイメージがあると思いますが、早期に見つけることができれば内視鏡による切除ができるため、完治の可能性も高くなってきています。この方法であれば、回復も早いため、お仕事や日常にも大きな影響を及ぼすことなく治療できます。
早期発見のために、定期的な内視鏡検査をおすすめします。

◆大腸カメラ
当院では、患者様が起きた状態で、大腸カメラ検査の様子を見ていただけます。疑問やどのような状態にあるのかを確認していただくようにしております。
どうしても痛みがある方は、鎮静剤を使用いたしますので、お伝えくださいませ。

内視鏡挿入時にかかる負担を最小限に抑える無送気軸保持短縮法を採用しています。これは腸管を膨らます前に内視鏡を挿入するもので、腸に負担をかけないように手繰り寄せて畳み込みながら挿入する手法です。

空気に比べ大腸からの吸収が早く、呼気で安全に排出される二酸化炭素の送気装置を使用することで、検査中や検査後のお腹の張りを解消しています。

一般内科

咳や鼻水、喉の痛み、発熱、めまい、吐き気、下痢などの症状から、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、痛風(高尿酸血症)などの生活習慣病まで、さまざまな症状や疾患を対象に診療を行っております。

当院は、患者様との信頼関係を何よりも大切にするとともに、良質な医療を追求し続けながら日々の診療にあたっております。小さなお子さまからお年寄りの方まで、どなたからもお気軽にご相談いただけるホームドクターのような存在として、これからも地域の皆様の健康管理をサポートしてまいります。

お身体のことでお困りなことがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

健康診断

気になる検査結果をできるだけ早くお渡しできるよう、当院では最短翌日15時以降のお渡しができるようにしています。なお、当院は水曜日と祝日が休診日ですので、火曜日の検査を受けられた場合は木曜日に、祝日前日に検査を受けていただいたら祝日の翌日に結果のお渡しが可能です。また、お急ぎの場合には、あらかじめご相談いただけましたら、できるだけ早くお渡しできるよう対応しております。
土日の検査結果の受け渡しは行っておりません。

一般定期検診、雇用時健康診断、海外渡航時健康診断、人間ドック、川崎市特定健診と様々な検診をご用意しております。

外科

日常的に起こる擦り傷や切り傷などの外傷ややけどの処置、手術後の創部ケア、粉瘤といった皮下腫瘤切除などの小手術にも対応しており、丁寧で痛みなどの苦痛をできるだけ抑える治療を行っています。なお、高度設備機器が必要な際には、信頼できる医療機関を速やかにご紹介しています。

◆粉瘤
問診や視診で粉瘤だと判断できます。薬物療法がなく、切除による小手術での治療だけが有効です。
できるだけ傷跡を目立たせない治療のために、当院ではくり抜き法を使って傷跡を最小限に抑えています。
ひどい炎症を起こしている場合には、膿を出して抗生物質を処方し、状態が良くなってから後日切開して袋を摘出します。
繰り返しできた粉瘤や、癒着などによりくり抜き法が使えない場合もあります。
粉瘤治療では、取り残さないことが重要ですから、そうした際には通常の切開を行う必要がありますが、この場合にもできるだけきれいに治るよう十分配慮し、丁寧に切除と方法を行っています。

ピロリ菌

ピロリ菌の感染が確認された場合、除菌治療を受けられます。薬の服用により治療を行って、その後除菌が成功したかどうかを確認します。初めて受ける一次除菌の成功率は約90%であり、失敗した残りの10%も二次除菌で80%が成功するとされています。

保険診療による除菌治療は二次除菌まで適用されます。ピロリ菌感染によって発症した疾患がある場合には、除菌治療の前に疾患の治療を行い必要が出てくる場合もあります。

便秘外来

食事や運動によって改善が期待できる場合には、生活習慣改善から治療を開始します。
意外だと思いますが、食物繊維は足りていても水分摂取が不足していて便秘が起きていることもあります。

慢性的で頑固な便秘の場合は、ほとんどが薬物療法の併用が必要になります。年齢や便秘の程度、タイプなどに合わせて、内服していただく薬の種類や量をきめ細かく調節しています。

下剤には、機械的下剤、刺激性下剤のほか、自律神経に作用する消化管運動調整剤、そして漢方薬があります。薬の効き具合は個人差で大きく変わり、排便に影響を及ぼしますので、外来受診で少しずつ量を変更したり、種類を増減しながら改善に一番合う薬やその量を探っていきます。

循環器外来

血液が巡る心臓と血管に起こる疾患を診療するのが循環器内科です。代表的な心疾患と血管疾患には、狭心症・心筋梗塞、心不全、不整脈、動脈硬化、動脈瘤などがあります。

こうした心疾患や血管疾患の原因には、生活習慣病が大きく関わっています。糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)などの治療は循環器内科でも重要になってきます。当院の循環器内科ではこうした生活習慣病の診療もいっしょに行うことで治療効果を高めています。

当院では、動脈硬化をはじめとした循環器疾患を悪化させる糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病治療を循環器内科でいっしょに行っています、このことにより患者さまの健康寿命を延ばして、この地域から寝たきりになる方を少しでも減らすお手伝いをしたいと考えています。

小児科

当院では毎週日曜日に専門医による小児科専門外来を設けております。

子どもの診療や予防接種で地域の方の子育てのお役に立ちたいと考えています。お話をしっかりうかがいながら、優しく診察し、丁寧に状態をご説明した上で治療を行っています。お子さまの体調のことで不安なことがありましたら、なんでも気軽にご質問ください。なお、予防接種については、下にまとめて詳しく解説しています。スケジュールのアドバイスなども行っていますので、一度ご相談ください。

予防接種

小児の予防接種以外に、成人向けにインフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの接種を行っています。それ以外の任意予防接種、たとえば妊娠を考えているご夫婦の風疹ワクチンなどをご希望の際には、お気軽にご相談ください。

原則予約は不要ですので、直接ご来院ください。但し、予防接種の受付は診察15分前に終了となります。
接種は、事前に「予診票」をよく読んで、理解してから受けてください。

すべての診療科目・専門外来・専門医

診療科目
内科系
内科消化器内科
外科系
外科
泌尿器科・肛門科系
肛門科
小児科系
小児科
その他
予防接種
専門医
内科系
総合内科専門医
外科系
外科専門医
循環器系
循環器専門医
消化器系
消化器病専門医消化器外科専門医肝臓専門医大腸肛門病専門医消化器内視鏡専門医
小児科系
小児科専門医
ページトップ