Caloo(カルー) - 診療案内(認知症の検査・認知症の進行を抑える治療薬・メディカルアロマで認知症予防): おいまつクリニック - 豊橋市
病院をさがす
おいまつクリニック
4.13
( 利用者の声 51件… 口コミ0 アンケート51件 )
  • 愛知県豊橋市老松町193番1地図
  • 東田坂上駅
  • 駐車場あり
  • クレジットカード可
  • ネット予約
  • マイナ受付
  • 土曜も診療
アクセス数  11月:555  |  10月:662  |  年間:6,114

診療案内

認知症の検査

認知症の検査には問診検査、血液検査、画像検査などがあります。

問診検査は"苦手になってきている能力(認知機能低下)"と"維持されている能力"を見極めて生活スタイルの見直しに役立てたり、認知機能低下のパターンから認知症の原因疾患を推測するのに活用します。ご本人にとっては「できること・できないこと」を試される検査ですので、心理的負担は大きく、診察のたびに実施するものではありませんが、はじめて受診していただく場合や、半年〜1年毎に評価することで治療や生活を軌道修正するのに役立ちます。

血液検査は治療可能な認知症の見落としがないか確認する目的で実施します。健康診断や病院受診などで血液検査を受けている方でも、認知機能低下に関わる項目が網羅されていることはまずありません。

画像検査は硬膜下血腫や水頭症といった治療可能な認知症の発見に役立ちます。またアルツハイマー型認知症や前頭側頭型認知症といった変性疾患では、画像検査で特徴的な兆候を示すことがあるため認知症の診断にも活用します。

認知症の進行を抑える治療薬

認知症の治療薬は症状の進行を遅らせる症状改善薬と、根本治療薬と言われる疾患修飾薬に分けられます。現在、保険診療で処方できるのは症状改善薬と呼ばれるもので、日本では4種類がアルツハイマー型認知症の治療に用いられています。疾患修飾薬はさまざまな治験が進行中ですが、未だ実用化には至っていません。

認知症の症状改善薬の効果は「薬を飲まなかった時より症状の進行を遅らせることができる」とされています。アルツハイマー型認知症に対する効果が報告されていますが、一部の薬はレビー小体型認知症の治療に使うこともあります。

新たに内服治療をはじめた患者さんの半数以上で4年間にわたって重症度が悪化しなかった、という報告もあり「認知症が治る」わけではないものの、健康に維持されている脳のネットワークを活性化することで、ご本人らしく過ごせる時間を長くできると期待されています。

メディカルアロマで認知症予防

西洋医学を補完する代替医療として、医療現場でもメディカルアロマセラピーが導入されるようになってきました。癒し効果だけでなく精油の薬理効果が認知症予防やBPSD(行動・心理症状)の改善に活用できると考えられています。

最近では専門医が勧めるアロマが販売されるなど、認知症予防学会でも高い関心を集めています。

軽度の認知症にアロマセラピーを行ったところ認知機能が改善したという報告もあります。アルツハイマー病では嗅神経から海馬に神経障害が広がることが知られており、初期の段階で嗅神経を効果的に刺激することで認知症が予防できる可能性も示唆されています。

アロマオイルを使ったハンドマッサージが、認知症の人の情緒を安定させることもわかっています。ユマニチュードやバリデーションと呼ばれる認知症ケアメソッドでも推奨されている「体に触れること」と、メディカルアロマの合わせ技ともいえるこの手法は、認知症のご本人のみならず介護者のメンタルケアにも効果的です。

介護施設でアロママッサージを導入したことで、入所者のQOL向上のみならず介護士の負担が軽減したという報告もあります。

すべての診療科目・専門外来・専門医

診療科目
精神科系
精神科心療内科
専門医
脳・神経系
認知症専門医
精神科系
精神科専門医老年精神専門医
専門外来
脳・神経系
物忘れ専門外来(認知症外来)