Caloo(カルー) - 診療案内(当院の特徴・立ち会い出産について): フジハラレディースクリニック - 広島市安佐南区
病院をさがす
アクセス数  12月:102  |  11月:139  |  年間:7,256

診療案内

当院の特徴

フジハラレディースクリニックは、平成18年4月14日より開院しております。

当院の診療は、妊婦健診および分娩を中心に、当院の規模で可能な一般産婦人科診療、子宮頸癌・体癌検診などを行っております。不妊症や乳癌検診は行っておりません。婦人科的な精密検査や手術が必要な場合は、高次病院にご紹介させていただいております。

当院の最大の特徴は、何と言っても、分娩です。

フジハラレディースクリニックでは、怖くない!痛くない!笑顔の『つぐお式出産』を実践しています。『つぐお式出産』とは、「ソフロロジー式出産」を基本に「胎内記憶」「コーチング」「禅」の要素を取り入れて、当院院長が創り上げたものです。

当院で出産されるお母さんは、分娩進行中に陣痛がある時も、無痛分娩ではないのに、1回も痛い!とは言わずニコニコ笑顔で出産される方も多く、赤ちゃんが生まれ出た直後も、ああ楽しかった!先生次のお産もよろしくお願いします!と言われる方も多いです。

当院の年間分娩件数は、毎年300-400件です。大半の方が経腟分娩されており、帝王切開となる方は年間約3-4%です。帝王切開の方も「幸せなお産ができました」と言われることが多いです。

当院以外で出産される方も、幸せなお産をしてもらいたい、という願いから、当院院長は『世界で一番幸せなお産をしよう!』を執筆し、出版しております。この本を読んで、『つぐお式出産』をやりたい!という希望で、遠方から通院される方も多く、里帰り出産ではなく、他県(島根・山口・福岡・兵庫・東京など)から通院し、当院で出産された方もおられます。

もちろん里帰り出産も大歓迎です。

お母さんが満足できるいいお産ができた時には、赤ちゃんもものすごくいい顔をしています。お母さんにとっては、また産みたい!と思えるお産を、赤ちゃんにとってはバーストラウマ(誕生時の心の傷)のない誕生を目指しています。

入院中の食事は、玄米ご飯と野菜を中心としたマクロビオティック食を提供しています。また、心の癒しのシステムとしてフラワーレメディを推奨しています。建物の水道に浄水設備を施し、院内の水は健康に良いものにこだわり、院内の日用消耗品(ソープ、シャンプー、沐浴剤、洗剤など)は合成界面活性剤フリーのものを置くようにしています。

立ち会い出産について

フジハラレディースクリニックでは、「立ち会い出産」を推奨しています。

立ち会い出産とは、ご家族の方も分娩室に入って、お母さんが赤ちゃんを出産するところに立ち会って、生命の誕生を一緒に喜びお祝いするものです。

当院院長は産婦人科医になった約30年前は、病院で立ち会い出産というのは、ほとんどありませんでした。今でも、立ち会い出産は未だやっていないところもありますし、やっていたとしてもご主人様お一人だけ、お母様やお子様はダメ、というところは多いです。

当院では、そういう制限はありません。
分娩室に入れるなら何人入ってもいいよ~、と言っています。

両家のご家族総勢10人くらいで立ち会われたこともありますし、お友達とか近所の女の子が立ち会ったり、高校の先生がお産された時、部活動の生徒さん女子高生15-6人くらい分娩台を取り囲むように出産になったこともあります。何でもあり的な感じです。

中には、他の病院で出産予定だった人で、上のお子さん3人に赤ちゃんが生まれるところを見せたかったのに、その病院ではダメで断られ、妊娠35週で当院へ転院される方もいました。

その方が当院でお産された時は、小さいお子さんたちが、分娩台の横でお母さんが広げている足の隙間から、目をキラキラと輝かせながら、わ~!わ~!と言って、赤ちゃんが生まれ出て行くところを見ていました。とてもあったかくて幸せな光景でした。

フジハラレディースクリニックの立ち会い出産は、赤ちゃんが生まれる直前に分娩室に入って、赤ちゃんが生まれたらすぐに退室して、というような、「なんちゃって立ち会い出産」ではありません。赤ちゃんが誕生してからも、ご家族も分娩室でゆったり過ごしていただけます。写真やビデオをたくさん撮っても大丈夫です。

すべての診療科目・専門外来・専門医

診療科目
産婦人科系
産婦人科
専門医
産婦人科系
産婦人科専門医