Caloo(カルー) - 診療案内(装置・技術・矯正治療): 青山外苑矯正歯科 - 港区
病院をさがす
医療法人社団杏林会 青山外苑矯正歯科
4.49
  • 土曜・日曜も診療
  • 夜間〜20:00
  • 女医
アクセス数  1月:532  |  12月:348  |  年間:3,828

診療案内

装置・技術

歯列矯正の装置、技術には以下のものがあります。

・表側からの矯正装置(唇側矯正)
・裏側からの矯正装置(歯の裏側からの矯正、舌側矯正)
・上顎のみ裏側の矯正歯科治療、下顎は表側からの矯正歯科治療
・マウスピース型矯正装置を使った矯正治療

各装置のメリット、デメリットについては、カウンセリング時に詳しくご説明させて頂いております。

矯正治療

本来動くはずのない歯が動くというのは実に不思議なことです。
実は歯の動きには骨の代謝が大きく関係しています。
例えば歯を右側に動かしたいとき、 歯は矯正器具で右に力がかかります。すると右側の歯を支えている骨が溶けるのです。
そして左側の支えている骨が作られていくのです。
結果として右の支えている骨が溶けて、左の支えている骨が作られるのですから、歯の入っている穴は右にずれるのです。
歯の1ヶ月に動く量は0.3mmといわれています。

◆Q:虫歯があるのですが、治してから矯正歯科に行った方がよいですか?

A:矯正治療をこれから行う患者さんの場合、抜歯をして治療を行う方がいます。もし、虫歯の歯が矯正治療を行う上で抜くことになった場合、治してしまうとその虫歯を治す費用、時間が無駄になってしまいます。まず、矯正歯科を受診することをお勧めします。

◆Q:親知らずは抜いてから矯正歯科医院へ行くべきですか?

A:そんなことはありません。まずは矯正歯科医院で検査をお受け下さい。抜歯の必要性を含めて診断いたします。

すべての診療科目・専門外来・専門医

診療科目
歯科系
矯正歯科