Caloo(カルー) - 歯科 Q&A : 「保険内のインレーと保険外のインレーのどちらが良いか?」

保険内のインレーと保険外のインレーのどちらが良いか?

image
ゆうぞう (本人・神奈川県・20歳代・男性) 回答:2件 2011年07月12日 13:06投稿
相談箇所: [永久歯/上右] 4 (第1小臼歯)歯の位置を見る

初めて質問させて頂きます。よろしくお願いします。

先日、近所の歯科に定期検診で行ったところ右上の第一臼歯に虫歯が見つかりました。

削って、詰め物をすることになりましたが保険内のインレー(詰め物)を使うか、保険外のインレーのどちらを使いたいか聞かれました。

その場で先生に質問し、家に帰ってもいろいろ調べましたが、どちらがよいのかいまいちわかりません。

双方の良い点、悪い点を教えて頂けますとうれしいです。

この質問は、回答受付を終了しています

回答 1

2011年07月12日 16:59
所属医院:むさしの歯科公式サイト

一番の違いは、ずばり「見た目」です。それ以外の違いとしては、

●金属アレルギーの方は保険外のセラミックインレーがおすすめ。

●スプーンなどの金属物やアルミホイルを噛んだときに「キーン」とくるのが嫌な方はセラミックインレーがお勧め。

というところでしょうか?

逆に上の項目について、特にこだわらなければ保険のインレーでも十分です。

保険で治療したからといって虫歯になりやすいということはありません(先生の腕とあなたのお手入れ次第です)。

回答 2

2011年07月28日 19:28

大手町ファースト歯科医院の市川です。

保険外のインレーですと、
 セラミックインレー
 ハイブリッドセラミックインレー
 ゴールドインレー        があります。

セラミックインレーの利点は
  見た目が良く、ほぼ変色しない
  金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色や
  金属アレルギーの起こる可能性が無い

 欠点は
  金属に比べると割れやすい
  インレーに厚みをもたせるために歯を削る量が比較的多くなる


ハイブリッドセラミックインレーとは
 セラミックとレジン(プラスチック)を混ぜたもので作られたインレーです。

 利点は
  セラミックインレーよりもやわらかく周囲の歯を痛めにくい
  見た目が良い(セラミックインレーと比べると多少変色してしまう)

 欠点は
  金属より割れやすいので厚みをもたせるため歯を削る量が比較的多くなる

ゴールドインレーとは
 金合金や白金加金によって作られたインレーです。

 利点は
  金属なので強度が強く、強い力のかかる部位にも使用できる
  適合がよいので二次的な虫歯になりにくい

 欠点は
  金属色なので見た目にわかりやすい
  金属アレルギーを起こす可能性がある

保険内のインレーでは
 多くの場合が金銀パラジウム合金という金属が使用されます。

 利点は
  強度が強く、強い力のかかる部位にも使用できる
  保険適用なので安価
 
 欠点は
  金属色である(銀色)
  金属アレルギーを起こす可能性がある

といったような違いがあります。

右上4番の治療ということですので、虫歯が手前側にあると削って詰めたとき少し見えやすいです。
逆に奥側だと詰め物があまり見えないこともあります。

Caloo歯科Q&Aでは、
あなたの歯の悩み・疑問に歯医者さんが回答してくれます! 質問をする
image
image
歯科Q&Aで質問をする