Caloo(カルー) - 瞼の重さを感じて眼瞼痙攣の診断。ボトックス注射を接種。 : 病気体験レポート
病院をさがす

瞼の重さを感じて眼瞼痙攣の診断。ボトックス注射を接種。

ぴの  (30歳代・男性)

オススメ: 6,188views 2014年02月25日投稿 9votes 0comments
病気眼瞼下垂
病院東京女子医科大学病院聖マリアンナ医科大学病院
製薬リボトリール錠0.5mg、アーテン錠(2mg)、ボトックス注用50単位、メスチノン錠60mg

2008年ごろより瞼が重い感覚が強くなり、聖マリアンナ医科大学病院の眼科を受診しました。
眼科的には眼瞼下垂の状態にはないとのことで、重症筋無力症の可能性を精査するために神経内科を紹介されました。

聖マリアンナの神経内科では、まず脳に異常がないこと、そしてジストニアで有名な先生に診ていただき眼瞼痙攣でもないことを確認してもらいました。
しかし、その間も症状としては改善せず、重症筋無力症の眼筋型疑いということで治療が開始されました。
テンシロンテスト・筋電図検査・抗体検査など一通りの検査をしつつ、服薬にして調整しながら就労を続けていましたが、だんだん薬の副作用なのか症状なのか区別がつかなくなり、はっきりさせるために一週間の検査入院。
そこで筋無力症の疑いはないという結論で服薬も中止になりました。

ところがその後も眼の不調は続き、2011年の初頭には瞼を明けていることがつらい&前方視がつらいなどの症状が強く出現するようになり、PCを使用した仕事に大きな支障が生じるようになりました。
そのときに別の病院で診てもらおうと思い、東京女子医科大学病院の神経内科を受診しました。そこで出された診断は眼瞼けいれんというものでした。ボトックス注射を打てば元の生活に戻れますという話で、いよいよ病苦から解放されると期待して治療を受けました。

ところが注射後に生じたのは、瞼があけにくい・閉じにくい、物が診にくい、表情がつくりにくいなどの副作用でした。薬が効きすぎたためなのか、はたまたけいれんという診断が間違っていたのかは分かりません。
先生からは3ヶ月たてば薬が切れるからの一言で、特にフォローアップはありませんでした。
実際にはこの症状がとれるまでに2年近くの時を要しました。

これは個人的な体験談なので無責任な発言はできませんが、「99.9%は仮説」という有名な本にもあるように、最新の治療というのは魅力的な一方で判明していない副作用という可能性も念頭におくべきだと思います。

注射とはいえ同意書を書いて治療を受ける簡単な手術のようなものですので、実施前にセカンドオピニオンを実施するなど万全を期してから治療を受けても遅くはないのではないでしょうか。

コメント0件コメントを書く

この病気体験レポートは参考になりましたか? 参考になった

眼瞼下垂に関連する病気体験レポート

【眼瞼下垂に関する体験レポート(10件)を読む】

眼瞼下垂に関連する病院口コミ

  • 眼瞼下垂の日帰り手術をしました 眼瞼下垂をやってくださるクリニックをネットで探していてこのクリニック
    5.0 ヒヨコちゃん まわたり眼科形成外科クリニック(熊本県 熊本市中央区)
  • 眼瞼下垂で受診しました。 以前に他院で断られたのですがこちらの先生は難しいけど私なら出来ます。とは
    5.0 みか いしやま形成外科クリニック(北海道 札幌市中央区)
  • 眼瞼下垂の手術をしました。数年前に症状が現れ手術の予約を入れて順番を待っていたのですが(当時は1年半
    5.0 たまちゃん 松波総合病院(岐阜県 羽島郡笠松町)
  • 最初にお電話で相談しました。保険でできればやりたいと相談したところ、来院して診察してから決めてくださ
    5.0 べるぱぱ ウチダクリニック(神奈川県 南足柄市)
  • 私は若い頃からコンタクトをしてて、少しずつ瞼が下がってきてしまい、よく周りの友達から目の大きさが違う
    5.0 あい 安里眼科おもろまち駅前(沖縄県 那覇市)

【眼瞼下垂に関する口コミ(45件)を読む】

口コミを投稿
アポクル問診

医療機関の関係者の方へ

すべての電子カルテに連携できる
WEB問診システムが
月額1万円からご利用いただけます。

詳しくはこちら