Caloo(カルー) - 診療案内(一般外来(心療内科・精神科)・睡眠外来(睡眠相談)・児童思春期外来 他): 十三メンタルクリニック - 大阪市淀川区
病院をさがす
新規開院! 2021年4月9日開院

十三メンタルクリニック

公式情報
十三メンタルクリニック
3.24
( 利用者の声 9件… 口コミ0 アンケート9件 )
  • 大阪府大阪市淀川区十三本町2-1-20 エバービューハイツ103十三駅西口すぐ地図
  • 十三駅
  • 駐車場あり
  • クレジットカード可
  • ネット予約
  • 土曜も診療
  • 夜間〜19:30・早朝7:30〜
アクセス数  5月:804  |  4月:141  |  年間:945

診療案内

一般外来(心療内科・精神科)

以下のような、どのようなお悩みでもお気軽にご相談ください。

◆疾患(症状)の例
うつ病(大うつ病性障害)
双極性障害(そううつ病)
統合失調症、全般性不安障害(全般不安症)
社交(社会)不安障害
パニック障害、強迫症(強迫性障害)
広場恐怖症、身体化障害、心身症
恐怖症(高所、注射、先端、窒息、嘔吐、雷など)
適応障害、知的障害
仕事などのストレス
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
産前産後のこころの相談

◆うつ病の治療
休養をとるための環境づくりの支援
支持的精神療法
認知行動療法
対人関係療法
薬物治療
電気けいれん療法 
反復経頭蓋磁気刺激(r-TMS)療法
詳しくは、HPをご覧ください。https://juso-mental.com/depression#utubyounotiryou

◆パニック障害(パニック症)の治療
呼吸コントロール法
漸進的筋弛緩法
セルトラリン(商品名ジェイゾロフト)
パロキセチン(商品名パキシル)
詳しくは、HPをご覧ください。https://juso-mental.com/panic-disorder#panikkukusuri

◆恐怖症の治療
暴露療法(行動療法)
薬物療法
詳しくは、HPをご覧ください。https://juso-mental.com/specific-phobia

睡眠外来(睡眠相談)

「眠れない」「日中の眠気」「いびき」「寝言」「睡眠中の異常行動」「睡眠中の食行動」「脚がむずむずする」など、睡眠に関するお悩み、ご相談ください。

◆疾患の例
不眠症、睡眠時無呼吸症候群、カタスレニア(うなり症)
ナルコレプシー、特発性過眠症、長時間睡眠者
概日睡眠・覚醒障害、睡眠関連摂食障害
レム睡眠行動障害、ノンレム関連睡眠時随伴症
むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)
周期性四肢運動障害
睡眠関連てんかんなど

注:18歳(または高校生)以下の初診の方はまずは児童思春期外来からお進みください。

◆ナルコレプシーの治療
非薬物療法としては、夜間睡眠の確保や規則正しい生活習慣の維持が大切です。
また、短時間(10〜30分程度)の計画的な昼寝が有効です。

モダフィニル(商品名モディオダール)
メチルフェニデート(商品名リタリン)
ペモリン(商品名ベタナミン)
マジンドール(商品名サノレックス)
詳しくは、HPをご覧ください。 https://juso-mental.com/narcolepsy#narukotiryou

◆むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の治療
治療の目標は、自覚症状をゼロにすることでなく、自覚症状を改善させそれに伴う不眠を軽減し、患者さんの日中の活動や生活の質を向上させることです。
まず、症状を増悪させる可能性のある薬物や嗜好品(コーヒーに含まれるカフェインなど)を中止してもらいます。
また、必ず上述の二次性むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)であるかどうかを検査によって調べ、二次性のものであれば、原因疾患の治療を進めます。

二次性でもこれで改善しない場合や、特発性(一次性)の場合は以下に示す治療を行います。
ガバペンエナカルビル(商品名レグテクト)
ロチゴチン(商品名ニュープロ、ニュープロパッチ)
https://juso-mental.com/Restless-legs-syndrome#muzutiryou

児童思春期外来

乳幼児から18歳(または高校生)まで診療致します。

◆就学前(乳幼児期)に多いご相談 
「発達の遅れ」「落ち着きがない」「一人遊びが多い」「こだわりが強い」「言うことを聞かない」「登園しぶり」「集団行動が苦手」「音など感覚過敏」「就学相談」など

◆小学生に多いご相談 
「落ち着きがない」「勉強が苦手だ」「忘れ物が多い」「相手の気持ちが考えられない」「友達や兄弟とうまくいかない」「空気がよめない」「けんかが多い」「元気がない」「不安が強い」「不登校」「ゲーム・スマホ依存」「朝おきられない、など睡眠の悩み」など

◆中高生に多いご相談
※思春期以降の児童の方は、ご本人がその気がないと治療が難しいので、ご家族とご本人がよく話し合った上で、合意の上受診してください。(明らかにご本人の言動がおかしい場合は例外とします。)

「勉強が苦手だ」「友達や兄弟とうまくいかない」「忘れ物が多い」「不安が強い」「確認・儀式行為を繰り返す」「やる気がない」「反抗的だ」「万引きなどをする」「自傷行為がある」「不登校」「学校の単位を落とす」「ひきこもり」「ゲーム・スマホ依存」「言動がおかしい」「幻聴が聞こえる」「朝おきられない、授業中寝てしまうなど睡眠の悩み」など

大人の発達障害(発達相談)外来

「コミュニケーションが苦手」「落ち着きがない」「うっかりミスが多い」「空気が読めない」「こだわりが強い」「仕事が遅い」「仕事が続かない」などでお悩みの方はこちら

疾患の例
注意欠如・多動性障害(ADHD)、自閉スペクトラム症(ASD)、知的能力障害(精神遅滞)、学習障害(LD)など

ものわすれ(認知症)外来

「ものわすれなど認知機能の低下」「(高齢者の)幻覚・妄想」「徘徊」など認知症関連の症状でお悩みの方(ご家族)は、ご相談ください。

疾患の例
アルツハイマー型認知症 レビー小体型認知症 前頭側頭型認知症 血管性認知症など

すべての診療科目・専門外来・専門医

診療科目
精神科系
精神科心療内科
専門外来
脳・神経系
物忘れ専門外来(認知症外来)
精神科系
児童・思春期専門外来睡眠障害専門外来心身症専門外来