Caloo(カルー) - 診察案内(心療内科・精神科・内科): 岐南ほんだクリニック - 羽島郡岐南町
病院をさがす

岐南ほんだクリニック (ぎなんほんだくりにっく)

ネット予約 058-249-2288
3.68 口コミ1
11,942views (直近1ヶ月: 976 | 前の期間: 1,145
所在地:
岐阜県羽島郡岐南町三宅8-137 ぎなんメディカルスクエア内 地図
最寄駅:
手力駅
  • 土曜日
  • 日曜日
  • 祝日
  • 早朝
  • 夜間
  • 救急
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可

診療案内

心療内科・精神科

岐南町で唯一の精神保健指定医・精神科専門医である本田 浩一院長が下記症状でお悩みの方のお力になります。

■大人のADHD(注意欠陥多動性障害)

ADHDは心理検査によりかなりの確率で診断が可能です。
ADHDが疑わしく日常生活に影響が出ている場合は、薬物療法を導入します。効果が出るまで4~8週以上かかる場合もあり、粘り強く治療を続けることが大切です。適応力を磨くためのカウンセリングを導入する場合もあります。ご本人が生活していく上での困難を理解し、対処法を身につけることが大切になります。
また、うつ病や適応障害などの他の病気にADHDが隠れている場合が少なくありません。うつ病治療をしていてもうまくいかない場合はADHDを疑ってスクリーニング検査を実施します。

■うつ病

うつ病の治療は大きく3つに分かれます。

・十分なこころとからだの休息
・抗うつ薬を中心とした薬物治療
・認知行動療法、支持的精神療法などの精神療法

うつ病になるとダメージを受けてしまう脳内のセロトニンやノルアドレナリンと呼ばれる神経系の働きを正常に戻すため、SSRIやSNRI、NaSSAと呼ばれる最新の抗うつ薬を中心に使用していきます。

不安や不眠が強い場合は、睡眠薬、抗不安薬などの内服も併用することがありますが、岐南ほんだクリニックでは多剤併用を避け、極力シンプルな処方を心がけます。

■躁うつ病(双極性障害)

躁うつ病(双極性障害)は「躁:そう」と呼ばれる気分が非常にいい状態と悪い状態(うつ)を繰り返す病気です。
治療は、気分安定薬と呼ばれる気分の浮き沈みをコントロールする薬物療法を用います。
効果が出るまで時間がかかることがあり、うつ状態が著しい場合は入院が必要になることもあります。

■認知症

■適応障害

■睡眠障害

■不安障害・パニック障害

■強迫性障害

■統合失調症

■自律神経失調症

■更年期障害(女性・男性)

また、患者様の症状に合わせて臨床心理学に基づいた知識や技術、経験をもつ臨床心理士によるカウンセリングを実施しています。
カウンセリングによって「こころ」が抱える問題を明らかにし、どういった解決方法があるのかをご一緒に探っていきます。

30分~1時間程度で、1週間または2週間の間隔を置いて行い、最後に簡単な医師による診察があります。
ご希望の方はお気軽に申し付け下さい。

内科

内科認定医の本田 浩一院長が、これまでの経験を生かし下記症状でお悩みの方のお力になります。

■糖尿病

一日の摂取カロリーを減らし、バランスの良い食事メニューを摂り、適度な運動によってインスリン感受性を改善することが大切です。
また、薬物治療によりインスリン抵抗性を改善したり、膵臓からのインスリン分泌を促進したりすることで血糖値を下げることが可能です。
内服治療によっても改善がみられにくい場合はインスリン注射を行うことになりますが、岐南ほんだクリニックでは実施しておりません。
インスリン治療が必要な場合や合併症が深刻な場合は、より専門性の高い治療機関への紹介を行わせていただきます。

■過敏性腸症候群

心理社会的ストレスの除去や生活習慣の改善をまず図り、症状がひどい場合は薬物療法を実施します。
薬物療法では、整腸剤や高分子化合物、メペンゾラート臭化物などの薬剤を使用します。

■機能性胃腸症

それぞれの症状に合わせた消化器系の薬や抗不安薬を使用しますが、特に「アコチアミド塩酸塩水和物」と呼ばれる薬は機能性胃腸症に特化した薬で、胃の蠕動運動を促進することにより胃もたれや早期満腹感を改善します。

■慢性頭痛

慢性頭痛はその種類によって対処法が異なります。

・片頭痛…「トリプタン製剤」と呼ばれる血管と三叉神経両方に作用する薬を使用します。
・緊張型頭痛…このタイプの頭痛はまず筋肉の凝りをほぐすことが大切です。首回りのマッサージ・適度な運動でストレスを上手に解消することが肝要です。
・群発頭痛…発作が起こったら「高濃度酸素」を投与することが第一です。また、スマトリプタンと呼ばれる注射薬も効果的で、近年自己注射ができるようになりました。

■睡眠時無呼吸症候群

主にはCPAP療法という、経鼻的持続陽圧呼吸療法があります。空気が流れているマスクを装着し、気道(鼻)に呼吸を強制的に送り込むものです。最初は寝にくいかもしれませんが、慣れると逆によく眠れるようになります。

その他にマウスピースを装着したり、場合によっては気道を広げるために手術を行う場合があります。

■高血圧

■高脂血症

お薬を処方させていただく場合は院外処方になります。
処方箋を発行しますので、「ぎなんメディカルスクエア」の敷地内にあります「ピノキオ薬局三宅店」もしくは最寄りの薬局にてお薬をお受け取りください。

すべての診療科目・専門外来・専門医

診療科目
精神科系
精神科心療内科
その他
予防接種
専門医
精神科系
精神科専門医
専門外来
男性系
更年期障害(男性)専門外来
精神科系
心身症専門外来