Caloo(カルー) - 診療案内(一般内科・消化器内科・漢方内科 他): アクアメディカルクリニック - 江東区
病院をさがす

医療法人社団健静会 アクアメディカルクリニック (いりょうほうじんしゃだんけんせいかい あくあめでぃかるくりにっく)

ネット予約 03-3637-1851
医療法人社団健静会 アクアメディカルクリニック
3.94
( 利用者の声 4 件… 口コミ2 アンケート2件 )
アクセス数  10月:255  |  9月:422  |  年間:1,861
所在地:
東京都江東区亀戸3-14-4 地図
最寄駅:
押上〈スカイツリー前〉駅亀戸駅錦糸町駅
  • 土曜日
  • 日曜日
  • 祝日
  • 早朝
  • 夜間
  • 救急
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可

診療案内

一般内科

・一般内科
かぜやインフルエンザ・腹痛などの日常的な急性疾患から、肺気腫・気管支喘息・アレルギー・花粉症・心臓病・不整脈・貧血・頭痛・不眠症・めまい・骨粗鬆症などの慢性疾患。
また、麻疹・風疹・インフルエンザ・肺炎球菌・おたふくかぜなどの各種予防接種も行っております。

・生活習慣病
生活習慣病と呼ばれる糖尿病や高脂血症、高血圧、高尿酸血症(痛風)等の疾患について、様々な合併症の検索や、食事・運動などの生活指導を行いながら患者様と相談しながら予防や治療を行っております。
また、頸動脈超音波検査(エコー)を行い、動脈硬化の有無や心筋梗塞や脳梗塞の原因となるプラークを観察します。

・高血圧
高血圧は特別な症状が出ないことが多く、サイレントキラーと呼ばれるほどです。
知らない間に血管や心臓に負担がかかり、やがて突然、脳卒中や心臓病の発作を起こす場合があります。
血圧が高いと言われたら、自覚症状がなくても治療を開始し、原因となる食塩のとりすぎ、肥満、運動不足、アルコールの飲み過ぎ、ストレスなどを解消してください。

・メタボリックシンドロームと動脈硬化
たばこのニコチンや一酸化炭素は、動脈硬化を進め、血圧を上げます。
禁煙も大事な治療法の一つです。
そして、降圧薬や糖尿病薬、高脂血症薬を処方されている方は、医師の指示通りにきちんと服用することが大事となります。

・糖尿病
膵臓から出されるインスリンの働きに見合った量の食事をしていれば、糖分は十分利用され、高血糖を防ぐことができるのです。膵臓に余分な負担をかけないようにすることが、糖尿病の食事療法・運動療法なのです。

消化器内科

・消化器内科
腹痛、胃痛、胃炎、胃十二指腸潰瘍、腸炎、血便、下痢、便秘、吐血、下血(黒色タール便)、ピロリ菌のチェックなど。胃カメラは経鼻(鼻からのカメラ)内視鏡のため、苦痛なく検査ができます。

・肝胆膵疾患
アルコール性肝機能障害・慢性肝炎・肝硬変・肝癌・胆石・胆嚢ポリープ・胆嚢癌・膵炎・膵癌など。
超音波検査(エコー)等を使って診断を正確に行っています。

・胃内視鏡検査について
当院では、ハイビジョンに対応し、かつ先端部外径は5.4mm。負担が少ない経鼻挿入を可能にする極細径スコープ(オリンパス社製)を使用しています。
超小型ハイビジョンCCDの採用によって、極細径ながら高画質化を実現しています。

漢方内科

アクアメディカルクリニックでは、より患者様に合った診療を行うために、西洋医学的な治療に偏ることなく、漢方内科にも力を入れております。

・漢方医学について
西洋医学は解剖学、生理学、生化学といった科学を基礎にしていますが、漢方医学は陰陽五行、臓腑経絡、気血津液、生薬学を基礎に成り立っている医学です。

・未病
「病院で検査してもらったけど、どこにも異常が無いと言われた」という経験はありませんか?西洋医学をベースとした検査では原因が特定できないような場合でも、東洋医学では「未病」と言われています。
「未病」とは体が警告を発してる状態です。未病の状態を放置してしまうと後から深刻な事態になるかもしれません。

・漢方内科の治療
漢方内科の治療は、年齢、性別、体質や体調など様々な要素を考慮し処方いたします。
その人に合った最適な漢方薬による治療が可能です。

外科

・外科
擦り傷、切り傷の消毒・縫合などの外傷の治療、および小外科などを行っております。
肩や膝の痛み・腰の痛み等に対し電気治療を中心に関節内注射も行っています。
また、乳腺炎・乳腺症などにたいして乳腺超音波検査(エコー)を行います。

・乳腺超音波検査(エコー)
超音波診断装置を使用して、内部のしこりを調べる検査です。この検査を利用して、乳腺症やしこり、乳がんまで早期に発見することが出来ます。

・X線検査
X腺検査にはDR装置(デジタルラジオグラフィー:コンピュータに寄る画像処理装置)を使用しています。従来のX線検査では、撮影したフィルムを現像して画像にしていましたが、DR装置ではフィルムの代わりに「イメージングプレート」にX線の情報を記録し、これをスキャンしてコンピューター処理により画像にします。この装置を利用することにより、軟部から骨部まで豊富な診断情報と安定した鮮明な画像が得られ、より診断能力の高いX線写真画像を提供できます。

肛門科

痔疾患の場合、多くは薬による治療や生活習慣の改善などで治すことができますが、薬での根治が難しいと判断された場合には手術などによる治療が必要となります。さらに精密な検査が必要と判断した患者さんには専門の医療機関をご紹介いたします。

・肛門科での検査
問診
肛門疾患の診断においては、症状などを正確に把握するために問診が大変重要になります。
肛門科を受診される患者さんでは、不安感や羞恥心などから市販薬を使用し自己流で治療しているケースが見受けられますが、正しい検査や治療のためにもまずは受診の際の問診から詳しく症状を伺って、患者さんの不安と取り除くと共に診察・治療を進めております。

・肛門/直腸指診
肛門から指を挿入し、肛門と直腸を触って診察します。
これは基本的な診察方法で、肛門の疾患で来院されたすべての患者さんを対象に行います。

・肛門鏡
肛門に診察器具を挿入し、肛門内を直接見て診察します。

胃カメラ等の検査

アクアメディカルクリニックが行う、経鼻内視鏡は、鼻から挿入した内視鏡は鼻腔を通って食道に入って行き、舌根にふれることがないので咽頭反射はほとんどありません。
それでも反射が強い患者さんには麻酔を使うことによって寝てる間に検査を行うことも可能です。その際にはお申し付けください。

・鼻から挿入する前に
のどの麻酔(咽頭麻酔)は一切しません。そのかわり、鼻の痛みを抑えるための鼻の麻酔(鼻腔麻酔)を行います。左右の鼻、どちらでも結構です。
まず、鼻の通り道(鼻道)のむくみを取るために、血管収縮剤を鼻腔にスプレーして鼻道を広くします。また、これにより鼻腔の毛細血管が収縮して、鼻出血の予防にもなります。

・話しながら検査が受けられる
鼻から挿入する経鼻内視鏡検査の大きなメリットの一つにしゃべれることがあげられます。当然ですが、口から内視鏡を挿入すると、口がふさがれてしまうためしゃべることができません。
当医院では、検査の最中に積極的に患者さんに話し掛けます。患者さんも検査中自由にしゃべることができるため、医師からの問いかけにもしっかりと応えることができます。
つまり医師と患者のコミュニケーションが生まれます。
「いっしょに確認をしましょう。気になるところはありますか?」という日常会話を通して、緊張していた患者さんも徐々にリラックスしていく様子が良く分かります。
患者さんにしゃべってもらうことで、信頼関係も生まれ、安全な検査にもつながります。また体感時間も短く感じられる効果があるようです。

・早期胃がんやポリープ検査に
早い時期に検査することにより、胃癌などの微小な病変に対しては完治可能の症例が多数見受けられます。
今後患者さんの負担を減らしながら、早期癌やポリープなどの検査をしていくことができる画期的な検査法として現在主流となりつつあります。

予防接種・健康診断

定期予防接種・任意予防接種に対応しております。

・健康診断料金
診断書 一通 3,000円

健康診断料金
問診のみ ¥3,000
雇入時健診(一般的な健診)¥10,000
※視力、聴力検査は行っておりません。
(問診、血圧、身長、体重、胸部レントゲン、尿検査、心電図、血液検査)

上記からから心電図、血液検査を除いたもの ¥5,500
※金額は税抜きです。

※診断書は当日発行できる場合もございますが、血液検査などを含む検診の場合、発行まで日数をいただく場合がございます。

点滴療法

◆アンチエイジング点滴治療
疲労回復・体力強化・免疫力強化などの効果を発揮し、アンチエイジングや美肌に効果のある点滴治療です。今から将来に向けて対策していきましょう。

◆ニンニク注射
1) マイルド ¥1,000(税別)   少し元気が無いときに栄養ドリンク代わりに
2) レギュラー ¥1,500(税別) 体調不良、徳れが溜まっているとき
3)ストロング ¥2,000(税別)  どうしても体めない、ここ一番のイベント前に
※オプションでアリナミンF(25)1~4Aまで、アリナミン1A¥500(税別)

◆美肌・健康増進点滴
美肌と健康増進のショート点滴。
ビタミンC5050mg(レモン202個分)とマルチビタミンB、L-システイン他配合。
プラセンタ1Aごとに¥1,000(税抜)
¥5,000(税別)

◆アンチエイジング美肌総合点滴
美肌とアンチエイジングの本格点滴。
ビタミンC 6050mg(レモン242個分)とマルチビタミンB、L-システイン、体調維持成分、美肌成分を強化、肝斑にもお勧め。
プラセンタ1A追加ごとに¥1,000(税別)
¥7,000(税別)

◆グルタチオン点滴
グルタチオンには解毒作用などがあり、健康維持には必須ですが特に肝臓、皮膚、目には効果がわかりやすいです。
パーキンソン疾患者に非常に有効な治療であると報告されています。 グルタチオンが減少すると肌荒れや代謝の低下、疲労や肝機能低下、老化を進行させる可能性があります。
グルタチオンの補給は、これらの予防や改善、そしてアンチエ イジングのためにとても大切です。
¥3,000(税別)~

当院では、パーキンソン病の患者様に対して大量投与を行っています。
タチオン(200)x4A/生食100mlから開始し、徐々に投与量を増やしていきます。 週1-2回(出来れば2回)の投与で1ヶ月で効果判定。
投与期間は7~10日と延びていきます。

◆マイヤーズ・カクテル点滴
マイヤーズ・カクテル点滴はビタミンとミネラルをバランスよく 調合し、血中濃度を急速に上昇させることで、栄養学的+薬理学的な効果から健康の回復を通して、疲労回復、体力強化、免疫力強化などの効果を発揮します。
¥9,000(税別)

キレーション点滴

◆キレーション点滴
Ca-EDTA等のキレート剤を点滴することで、病気の原因となる有害重金属を体外に排出すると共に、活性酸素の除去を行います。

点滴時間は、1回おおよそ45~60分ほどです。週に1回もしくは2週間に1回の頻度で点滴治療を行い、20回の点滴が1クールとなります。

なお、5~10回ごとにミネラル&蓄積有害重金属検査(オリゴスキャン)を行い、改善の度合いを評価します。
(上記はあくまで目安であり、治療回数や頻度については受診の際に患者様の状態に合わせご提案して決めていきます。)

※有害金属による各種症状が改善または消失した場合、あるいは概ね体内の有害金属が減少したと認められる場合に治療の終了を検討します。
¥12,000(税別)

予防医療

「なぜ人は病気になるのか、病気にならない健康な生活を送るにはどうすれば良いか」を分子整合栄養医学(オーソモレキュラー医学)を元に、様々な検査から、患者さんの辛い症状を取り除くための根本治療を目指しています。

◆栄養解析
疲れやすい、肩がこる、血圧が高い、最近太った、元気が出ないなど、気になることはありませんか?
医師による栄養解析で不調の原因を見つけましょう。

◆ミネラル&有害金属検査
ヒトの生命維持に必要不可欠なミネラル(無機質)、ミネラルがバランス良く存在しているかや、ミネラルに含まれる"有害金属"が自身の身体の中にどのくらい存在するかを調べる検査になります。

◆がん早期発見検査
尿中N1,N12-ジアセチルスペルミン検査を行います。
こちらの検査では、がん進行の初期段階でがん発症を検出する有用性があり、治療効果の判定や経過観察中の患者状態を把握するための補助として有効な手段の一つとなる可能性があります。

◆酸化度(サビつき度)検査
老化を促進し、がんはもちろん、病気の8割は活性酸素が原因と言われています。
今から自身の「酸化度」を知り、将来の健康のために対策を始めましょう。

◆体内糖化度(コゲつき度)検査
「糖化」とはあまり馴染みのない言葉ですが、酸化とともに近年健康や美容に影響を及ぼす要因として"糖化の進行"が注目されています。最終糖化生成物(AGEs)という糖化(コゲつき)物質の蓄積状況を調べます。
この「コゲつき」が蓄積するとタンパク質に変化を引き起こし、肌・骨・血管・臓器を老化させ、様々な病気をもたらすため、早めの対策をおすすめします。

すべての診療科目・専門外来・専門医

診療科目
内科系
内科消化器内科
外科系
外科肛門科
その他
漢方内視鏡予防接種健康診断