Caloo(カルー) - 診療案内(静脈瘤治療へのこだわり・静脈瘤治療の流れ・静脈瘤治療方法 他): 目黒外科 - 品川区
病院をさがす

目黒外科

公式情報
目黒外科
4.84
( 利用者の声 317件… 口コミ17 アンケート300件 )
  • 日曜も診療
アクセス数  5月:1,909  |  4月:1,678  |  年間:21,091

診療案内

静脈瘤治療へのこだわり

下肢静脈瘤治療への8つのこだわりをご紹介いたします。

1)下肢静脈瘤治療のエキスパート
下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会より指導医に認定されています。
心臓血管外科医として、ストリッピング手術、高位結紮術、高周波血管内焼灼術、レーザー焼灼術、静脈瘤切除術、硬化療法など、下肢静脈瘤にまつわるすべての治療に習熟しています。豊富な経験、知識、確かな技術をもとに、患者さんのお悩み、ご希望に応じて適切な治療方法を提案することができます。

2)痛みが少ない
高周波カテーテルによる血管内焼灼術は、メスで切らない治療法ですので、従来の手術方法であったストリッピング手術と比較すると、術後の痛みがずっと小さくなりました。
このカテーテルを血管の中に挿入する際、皮膚に痛み止めの注射も非常に細い針を使い、ゆっくりと注射をします。

3)眠っている間に治療が終わる
下肢静脈瘤手術に際して、ご希望により静脈麻酔による鎮静を行います。気持ちよくウトウト眠っている間に皮膚の痛み止めの注射も、血管内焼灼術も行いますので、「気持ちよく目が覚めたら治療が終わっていた」という患者さんの理想を目指しています。

4)最高の診断機器
診断、治療方針の決定には、正しい病状の評価が欠かせません。これまでにすべてのメーカーの超音波検査装置を使用し、最高の機能・画質を誇る GE LOGIQ e Premium を採用しました。

5)日帰り手術
手術は、全て入院の必要ない日帰り手術です。
手術を行った後、歩いて帰ることが可能です。入院する必要がないので、治療費の負担も少なくて済みます。

6)日曜診療
下肢静脈瘤は立ち仕事の方がなりやすい病気ですが、お仕事が忙しくて平日にはなかなか病院に行く時間が取れないという声をたくさん聞きました。そこで、日曜日(隔週)も診療を行うことにしました。

7)「見た目」にもこだわる
硬化療法は、手軽にできる治療である反面、静脈に炎症を起こさせるため、静脈の走行に沿って色素沈着ができます。毛細血管の静脈瘤をきれいにしたい方には、自費診療となりますが、皮膚レーザー照射をおすすめします。

8)ホテルのような快適空間
当院はクリニックらしくない、ホテルのような快適空間にしました。来てくださった患者さんにとっても、私たちスタッフにとっても快適な空間を作りました。

静脈瘤治療の流れ

◆ご予約
まずはお電話またはインターネットよりご予約ください。

◆初診
問診でお悩みの症状をお聞きします。続いて診察、超音波検査を行います。検査の結果はその場でご説明いたします。
以上の結果を踏まえて、現状の評価と今後の治療方針についてご提案いたします。経過観察が可能であれば、日常生活の注意事項をご説明し、診察は終了となります。
手術が必要と判断された方は、手術に関する詳しい説明をいたします。
手術に同意された方は、血液検査と心電図検査を行います。手術のスケジュールを決定し、お帰りいただきます。

◆手術当日
当日の体調をお伺いし、血圧・脈拍・体温の測定を行います。治療着に着替えた後、点滴を行います。
男性で必要のある方は剃毛を行うこともあります。
おトイレをすませていただき、手術室に入ります。初めに立った状態で静脈の状態を観察し、マジックペンで印をつけます。続いて、ベッドに寝ていただきます。心電図などモニター類を装着し、血圧計を腕に巻きます。ご希望の方は鎮静剤でウトウト眠っていただきます。

◆手術
高周波カテーテルによる血管内治療を行います。
片足あたりの治療時間は約10~15分が目安です。追加治療を組み合わせる場合は、その都度時間がかかります。
足を消毒して、足に包帯を巻き、その上から弾性ストッキングを着用します。
目が覚めたことを確認し、回復室に戻ります。1時間ほど回復室でお休みいただきます。
しっかりと目が覚めていること、ガーゼから血がにじんでいないことなどを確認し、次回の診察予約を行いご自宅にお帰りいただきます。

お一人でご来院された方で、電車やバスでお帰りになることが心配な方は、当院のビルを出たところがJR目黒駅のタクシー乗り場となっておりますので、ご安心ください。

静脈瘤治療方法

静脈瘤の治療方法は大きく分けて2通りあります。症状を改善させる治療と見た目を改善させる治療です。

【症状を改善させる治療】
◆圧迫療法
弾性ストッキングをはくと、ふくらはぎが圧迫されるため、静脈の血液が下から上に押し上げられます。
マヨネーズを押し出すのと同じ効果です。
血液の渋滞が解消し、むくみやだるさ、こむら返りなどの症状を改善します。

メリット:
・その場で治療が開始できる
・症状の改善が見込める
・手軽で安い

デメリット:
・根本的な治療ではない
・ストッキングを脱いだら治療効果はなくなる
・皮膚がかゆくなる、かぶれることあがる
・夏場は暑いがそれでもストッキングは履かなくてはならない
・普通の靴下と比べると、硬くて履きにくい

◆外科治療
血液の逆流を生じている大(小)伏在静脈静脈をそのままにしておくと、血液は流れ込みます。
逆流防止弁が働かない静脈に流れ込んだ血液は逆流してしまいます。 だったら、このダメな静脈を通行止めにしてしまおう、あるいは撤去してしまおう、というのが外科治療のコンセプトです。

・カテーテル治療(ダメな静脈を通行止めにする)
現在、日本国内で保険適応のカテーテル治療は、レーザーと高周波の2種類があります。

・ストリッピング手術(ダメな静脈を撤去する )
逆流防止弁がダメになり、血流が滞ってしまった静脈を、特殊なワイヤーで抜いてしまう手術です。

【見た目を改善させる治療】
◆硬化療法
硬化剤というお薬を注入して、外から圧迫をすることで静脈を閉塞させる治療です。
小さな静脈瘤(青くて細いタイプ)に対して適しています。治療は15分から30分程度で終わりますが、静脈瘤が広範囲にわたる場合は複数回に分けて行うこともあります。

メリット:
・通常よりも細い注射針を使うので、針を刺す時の痛みが少ない
・針を刺すだけなので、傷跡ができない
・保険診療(1回約5000円)で治療できる

デメリット:
・硬化剤により静脈に炎症を起こさせるので、お薬の注入時には痛みを感じます。
・ボコボコした血管はぺったんこになりますが、硬化剤により炎症を起こさせるので、静脈の走行に沿って皮膚のシミができます。
・シミがどうしても気になるという方は局所麻酔下に静脈瘤を切除する方法もあります。

血液クレンジング

医療用オゾンガスにより体の抗酸化力・免疫力・代謝を高め、血行を促進します。
肩こり・腰痛・関節痛・慢性疲労症候群・うつ・偏頭痛・アトピー性皮膚炎・ホルモンの働きを整え生理不順・不妊・更年期障害にも効果が期待できます。
抗酸化力を高めてアンチエイジング効果、免疫力アップは抗がん剤治療の免疫力低下や副作用軽減に効果があります。
※施術は約30分、費用は20000円(初回割引15000円)。

内科診療

さまざまな症状に幅広く対応すべく全般的な内科診療を行っております。
内科領域を中心とした診療を通じ、みなさまの健康増進に貢献いたします。
まずはお悩みの症状をお気軽にご相談ください。

せき、たん、のどの痛み、急な発熱、下痢や吐き気、めまいなどの急に始まる症状から、高血圧や糖尿病などの生活習慣病をはじめとする慢性疾患まで、幅広く内科系疾患全般に対応しております。
急な体調不良や日常的に起こる症状の診察もしております。
はっきりとした症状が出ている時はもちろん、「具合が悪いのだけれど、何科に行ったらいいのかわからない」というような場合も、お気軽にご相談ください。

<来院される患者様によく見られる症状>
発熱
せき
のどの痛み
おなかの調子が悪い(腹痛、便秘・下痢)
吐き気
頭痛
めまい
動悸・息切れ
腰痛
疲労感
なんとなく調子が悪い

<代表的疾患>
風邪、インフルエンザ、扁桃腺炎、肺炎、気管支炎、花粉症などのアレルギー、胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気)、尿道・膀胱炎など急性疾患
生活習慣病(糖尿病、高血圧症、高脂血症(脂質異常症)、高尿酸血症(痛風)など)、喘息、貧血、頭痛、便秘症、不眠症など慢性疾患

漢方

冷え性・便秘・更年期症状・肩こり・体力低下など
西洋医学で原因がはっきりしない不調に対して漢方を検討してみてはいかがでしょうか。
目黒外科では漢方処方も行っておりますのでお気軽にご相談ください。
現代医学(西洋医学)の優れている点をしっかりと認識して治療の機会を失うことなく、それでも対応困難な症状や病状には、漢方薬がお役に立てるものと考えています。

ケガ(すり傷・切り傷・やけど)

火傷や切り傷など外傷性の病気やケガなどに対する一般的な手術や処置を行っております。
感染症などの心配もありますので、ケガをされたときはすぐにご来院ください。

巻き爪

爪が周囲の皮ふにくい込んで生じる炎症で、長期間続くと出血しやすい肉芽組織が生じます。
皮ふに食い込んだ爪を皮ふからできるだけ離すことが重要です。
治療法は色々とありますので、患者様ごとにあった内容で治療を目指します。

生活習慣病(高血圧・脂質異常症・糖尿病・高尿酸血症)

生活習慣病は、かたよった食事・運動不足・飲酒・喫煙・ストレスなどが原因ですので、日々の生活を改善することで予防可能です。
特にバランスのとれた食事や運動を行うことで肥満をはじめとするリスクを取り除くことができ予防につながります。
また、生活習慣病と心臓病は密接に関係しています。生活習慣病を予防することによって、心臓病の予防にもなります。

粉瘤

皮ふの下にできる腫瘍の中で一番多い病気です。
本当は腫瘍ではなく、皮ふが皮ふの中に埋まり込んで袋を作る疾患です。
皮ふはアカを作る組織ですから、粉瘤の中にはアカがたまります。
これが粉のように見えるため、「粉のこぶ」と書いて「粉瘤」と呼びます。
当院では最小の傷跡で粉瘤の摘出を目指しています。
無駄な通院を省ける施術をしております。

健康診断_二次健診

高血圧・糖尿病・脂質異常症・高尿酸血症などの生活習慣病やその他異常を指摘された場合、二次健診を受けるよう指示された方に対して、目黒外科では健診で異常を指摘された方の二次健診を行っております。
どうぞお気軽にご来院ください。
検査・診察にお待たせしないよう事前のご予約をお願いいたします。

新型出生前診断NIPT(ニプト)検査

NIPT(ニプト)検査は、母体から10mlの採血で胎児が病気を持っているか調べる検査です。
主に、ダウン症、エドワーズ症、パトウ症などを調べることは妊婦さんの今後の生活設計に役立つと考えます。
陰性的中率99.98%の血液検査です。

男性更年期障害

更年期障害は女性のものだけではありません。男性でも加齢によるホルモンの低下によりホルモンバランスが崩れ、更年期障害を発症する事があります。
治療方法はいくつかありますが、男性ホルモンの注射・塗布や漢方薬治療などが代表的です。
まずはお話を聞かせていただき、一緒に最適な治療をしていきたいと思います、

AGA(男性型脱毛症)

患者様の頭皮及び毛髪の状態を診察し、その状態に応じて種々の治療法の中から患者様に最適な薄毛治療法を組み合わせてご提案させて頂きます。

すべての診療科目・専門外来・専門医

診療科目
内科系
内科
外科系
外科心臓血管外科整形外科形成外科美容外科
皮膚科系
皮膚科美容皮膚科
その他
漢方
専門医
一般系
外科専門医
呼吸器・循環器・消化器系
心臓血管外科専門医
専門外来
循環器系
下肢静脈瘤専門外来
アレルギー・内分泌系
糖尿病専門外来肥満専門外来生活習慣病専門外来
皮膚・泌尿器系
AGA(男性型脱毛症)専門外来爪専門外来
男性系
ED専門外来更年期障害(男性)専門外来
ページトップ