Caloo(カルー) - 診療案内(内視鏡検査・肛門科・内科 他): あさか内科クリニック - 朝霞市
病院をさがす
新規開院! 2020年12月開院

あさか内科クリニック

公式情報
あさか内科クリニック
4.61
( 利用者の声 17件… 口コミ10 アンケート7件 )
  • 埼玉県朝霞市根岸台三丁目20番1号 くみまちモールあさか2階地図
  • 駐車場あり
  • ネット予約
  • 土曜・日曜も診療
アクセス数  10月:2,063  |  9月:1,642  |  年間:9,292

診療案内

内視鏡検査

【胃カメラ】
◆鎮静剤でウトウトしたまま、リラックス状態での検査が可能
ストレスやお体へのご負担もほとんどないスムーズな胃カメラ検査です。検査時間も短縮できます。

◆経鼻・経口のどちらでもお選びいただけます。
細いスコープを使用して、熟練した医師が適切な処置と検査を行うため、どちらを選んでいただいてもほとんど苦痛のない検査が可能です。選ぶにあたってご質問があれば、なんでも遠慮なくお尋ねください。

◆土日の検査も可能

◆富士フイルム社製の最新内視鏡システム導入

【大腸カメラ】
◆無送気軸保持短縮法でお体への負担を減らしています。
高度な技術ですが、当院では大学病院や基幹病院で数多くの検査と手術を行ってきた内視鏡専門医が丁寧に行っていますので、ご安心ください。

◆発見した大腸ポリープは検査中に切除可能
検査中に切除するため入院の必要なく、その日のうちにご自宅にお帰りいただけます。
当院の大腸カメラ検査では、発見したポリープを特殊光や拡大などで観察してその形状や色調、サイズ、微細構造などを詳細に調べ、切除の必要性を判断しています。

◆炭酸ガスで検査中の圧迫感や検査後の膨満感を解消
◆院内で下剤服用することも可能

【大腸ポリープ切除】
◆日帰り大腸ポリープ切除術
所要時間は20~30分程度、低侵襲で安全性が高く日帰りで受けられます。

◆大腸ポリープ切除の治療法
基本的に、内視鏡スコープの先からスネアという細い針金状のものを出してポリープにかけ、締め付けるなどによって切除します。切除したポリープは回収して、必要があれば顕微鏡による病理検査を行ってがん細胞の有無を確認し、確定診断します。

・ポリペクトミー
ポリープにスネアをかけて締め付け、高周波電流を流して焼き切る方法です。

・コールドポリペクトミー
スネアをかけて締め付ける力で切除する手法です。

・内視鏡的粘膜切除術
平坦なポリープや早期大腸がんの切除に適しています。
そのままではスネアがかからない病変の下に生理食塩水などを注入して持ち上げ、スネアをかけて通電して焼き切ります。
下に生理食塩水があるので周囲へダメージを与える心配もありません。

肛門科

肛門疾患を専門的に診る診療科で、代表的な疾患にはいぼ痔(痔核)、切れ痔(裂肛)、痔ろう、痔ろうの前段階である肛門周囲膿瘍などがあります。

肛門からの出血や膨らみ、痛みなど共通した症状が多く、直腸に生じた早期の大腸がんなどの深刻な病気が隠れていることもありますので、適切な検査や診断、治療が不可欠です。痔は良性疾患ですが、生活の質を大きく下げ、慢性化や再発を繰り返すことが多い傾向があります。

当院ではプライバシーをスタッフ全員が重視しており、痛みなどを最小限に抑えた治療を行っています。肛門科は受診しにくいと感じる方の気持ちになって、心理的な負担も感じさせないようきめ細かく配慮していますので、安心していらしてください。

◆いぼ痔(痔核)
内痔核と外痔核は、症状や治療法が大きく異なります。当院ではいぼ痔(内痔核)の日帰り手術を行っております。

◆切れ痔(裂肛)
便秘と切れ痔は互いを悪化させながら進行しやすく、切れ痔が悪化すると肛門が狭窄してますます便を出しにくくなるという負のスパイラルに陥ります。再発を防ぐためにも、便秘解消を含めた治療が重要になります。

◆痔ろう(あな痔)
放置していると化膿を繰り返して管状の穴が複雑化し、肛門機能にダメージを与える可能性があり、まれにですががん化することがありますので、早めに受診してください。

◆ジオン注射
ジオンという薬剤を内痔核に直接注射する硬化療法で、これまでは手術でしか治せなかった内痔核を注射だけで治せるようにした画期的な治療法です。
手術では切開による出血や痛みがありますが、この治療では注射だけですので、痛みや出血を最小限に抑えることができます。
手術と同等の効果があることが数多くの症例によって証明されており、心身への負担が軽減でき、入院の必要がなく、健康保険が適用されることから内痔核治療として広く普及してきています。

ジオン注射は治療中や治療後の痛みがほとんどありませんし、治療による出血を起こすこともありません。
治療に不安があって受診を後回しにしていた方も、気軽にご相談ください。
特に、排便時の出血、排便時の脱肛(痔核の脱出)などでお悩みの場合には、早めにご相談ください。
当院ではスタッフ全員が患者様のプライバシーに十分配慮した診療を行っていますので、安心してご来院ください。

内科

◆幅広い診療に対応します。
咳、痰、のどの痛み、発熱、腹痛、下痢、吐き気、めまいなどの急に起こった症状から、高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病や慢性疾患まで、幅広く診療しています。
一般的な症状や不調の診察・検査に加え、どの診療科を受診したらいいのかわからない場合や、病名がつかない日常的な不調、健康に関する不安などのご相談も可能です。

会社・学校・自治体などで受けた健診・検診で「要精密検査」などの指摘を受けた場合や、結果にご不安がある際にもお気軽にいらしてください。

このような症状がある方はご相談ください。
発熱、だるい、咳、痰、鼻水
喉の痛み、頭痛、腹痛
下痢、便秘、血便
吐き気、嘔吐、食欲不振
胸痛、胸部不快感、胸やけ、食欲がない
など

◆健康診断
健康診断は、自覚症状が現れる前の早期に疾患を発見して、適切な治療につなげることができます。
また毎年の検査結果の変化を比べて生活習慣を無理のない範囲で改善し、生活習慣病の発症を予防することもできます。

日本人の死因として長く上位を占めている心筋梗塞や脳出血につながる動脈硬化の進行を防ぐためにも、生活習慣病の進行や発症を予防することはとても重要です。
お体の状態をしっかりご理解されるためにも、定期的な健康診断を役立ててください。

・定期健康診断
・雇用時健康診断

自費診療

◆にんにく注射
にんにく注射ビタミンB1が主成分の注射液を使っています。
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変え、筋肉に蓄積した疲労物質である乳酸を分解します。
こうしたことから慢性的な疲労回復、肩や首のこり、肌荒れなどの解消効果が期待できます。

にんにく注射という名称は、ビタミンB1がにんにくの主成分であり、注射後ににんにくの香りを感じることからついた愛称です。
にんにく由来の成分が入っているわけではありません。また、注射後に感じるにんにくの香りはご本人だけが感じるもので、他の方が匂いを感じることはありません。
蓄積した疲労がある場合やスケジュールが厳しくなる前などには、数日間この注射を続けて受けることもおすすめできます。

◆プラセンタ注射
医療用プラセンタは人の胎盤から精製されて作られていて、更年期障害や肝臓疾患の治療に長く使われてきました。
研究が進むに連れて幅広い薬理効果があることがわかってきており、抗アレルギー作用、免疫・抵抗力を高める作用、抗脂肪肝作用、新陳代謝促進作用、抗酸化作用などがあると指摘されています。
美肌効果、アンチエイジング効果が認められることから、近年では美容医療にも欠かせないものとなってきています。

◆ED治療
当院では、ED治療薬の処方を行っています。
初回の処方には、心電図や血液検査を受けていただく場合がありますが、半年以内に健康診断を受けている場合にはその結果をお持ちいただくと医師の判断で検査を省略できることがあります。
ご希望の方はお気軽にご相談ください。

なお、当院では自費診療として診察料と処方箋をお出ししています。
お薬は薬局に処方箋を持って行って処方してもらってください。

すべての診療科目・専門外来・専門医

診療科目
内科系
内科消化器内科
外科系
外科肛門科
その他
予防接種
専門医
呼吸器・循環器・消化器系
消化器病専門医消化器外科専門医肝臓専門医消化器内視鏡専門医
歯科・その他
がん治療認定医