Caloo(カルー) - 診察案内(アレルギー性鼻炎、スギ花粉症、いびき対策・各種予防接種・漢方): 喜平橋耳鼻咽喉科 - 小平市
病院をさがす

医療法人社団玉翠会 喜平橋耳鼻咽喉科 (いりょうほうじんしゃだんぎょくすいかい きへいばしじびいんこうか)

ネット予約 042-332-3387
4.32 口コミ20
48,119views (直近1ヶ月: 1,956 | 前の期間: 2,282
所在地:
東京都小平市喜平町1-7-26 地図
最寄駅:
一橋学園駅国分寺駅
  • 土曜日
  • 日曜日
  • 祝日
  • 早朝
  • 夜間
  • 救急
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可

診療案内

アレルギー性鼻炎、スギ花粉症、いびき対策

スギ花粉症を含むアレルギー性鼻炎に対して様々な治療をしております。
花粉の時期以外でも可能な治療法もありますのでどうぞご相談ください。

1.通年性アレルギー性鼻炎
ダニやハウスダスト等、一年中室内にあるアレルゲンが原因で症状が引き起こされます。
いびきも通年性アレルギー性鼻炎で鼻粘膜が腫れて睡眠中に鼻が詰まることが原因であることが多いと言われます。

【薬物療法】
第一選択は鼻噴霧用ステロイド薬です。
鼻粘膜にダニやハウスダスト等のアレルゲンが付着することでくしゃみや鼻水などの症状が出現しますので、鼻粘膜での反応を抑えることで症状を軽減できます。
ステロイドを使うことに抵抗がある方がいるかも知れませんが、内服と異なり、鼻噴霧では体内に移行するのは1%未満とごく僅かで、眠気も出現しません。
鼻噴霧で効果が不十分な場合に、抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエン拮抗薬などの内服薬を併用します。

【レーザー手術】
ダニやハウスダスト等のアレルゲンが付着する鼻腔粘膜を焼灼して、アレルギー反応を起こさせなくすることで、鼻症状を大幅に軽減できます。
アレルギーが軽度だったり、年配の方は鼻腔粘膜の再生が遅いので効果が長持ちしますが、重症だったり若い方は効果が短い場合があり、効果の持続期間には個人差がありますが、一般に数年間は楽に過ごせます。
水曜午後に予約制で行っています。残念ながら、妊娠中の方には行えませんが、授乳中の方には行えます。

【アレルゲン免疫療法】
・舌下免疫療法(12歳以上)
アシテアとミティキュアという2種類のダニエキス錠があり、どちらか1種類を舌の下に入れ、アシテアは2分間、ミティキュアは1分間保持した後に飲み込みます。
初回は院内で投与し、2日目以降は毎日自宅で行います。
季節を問わず開始できます。
・皮下免疫療法(5歳以上)
舌下免疫療法と効果は同等ですが、まだ保険適応のない5から11歳のお子さんに行っています。
現在、5から11歳の舌下免疫療法も治験が終了し、厚生労働省への申請も終わり、認可が下りるのを待っており、遠からず適応になる見込みです。
それまでの繋ぎの治療として行って頂きます。
アレルギー性鼻炎だけでなく、喘息にも効果があります。



2.スギ花粉症
スギ花粉症が原因で鼻だけでなく、目やのどの痒み等の症状が引き起こされることもあります。

【薬物療法】
鼻症状に対しては通年性アレルギー性鼻炎と同様に、第一選択は鼻噴霧用ステロイド薬で、効果が不十分な場合に、抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエン拮抗薬などの内服薬を併用します。
目の掻痒感には点眼薬を使用します。
1種類で効果が不十分な場合には、2種類以上併用する場合もあります。

【レーザー手術】
通年性アレルギー性鼻炎と同様に鼻腔粘膜を焼灼して、アレルギー反応を起こさせなくすることで、鼻症状を大幅に軽減できます。
スギ花粉症の症状が出現すると、鼻水が多くて十分に焼灼できない場合があるので、スギ花粉の飛散開始前に行うことをお勧めします。
効果は数年維持できますので、スギ花粉の飛散直前の冬でなく、前年の夏や秋に行った方が、術後、かさぶたで一時的に鼻が詰まっても口呼吸でのどを痛めることがありません。

【アレルゲン免疫療法】
・舌下免疫療法(12歳以上)
シダトレンというスギ花粉を含むエキスを舌の下に滴下し、2分間保持した後に飲み込みます。
最初の2週間で量を増やし、3週目からは同じ量の薬を毎日舌下投与し、2回目以降は毎日自宅で行います。
長年、スギ花粉症だと思っていても、実際にスギ花粉症でなければ効果がなく、無駄な治療を続けることになります。
従って、スギ花粉症であることを血液検査で確認した後に開始します。
過去に当院で検査した方は不要です。
他院で検査した方は検査結果を御持参下さい。
スギ花粉が飛散していない時期(6月~12月)に開始する必要があります。
鼻だけでなく、目やのどの痒みにも効果があります。
・皮下免疫療法(5歳以上)
舌下免疫療法と効果は同等ですが、まだ保険適応のない5から11歳のお子さんに行っています。
現在、5から11歳の舌下免疫療法も治験が終了し、厚生労働省への申請も終わり、認可が下りるのを待っている段階なので、遠からず適応になる見込みです。
それまでの繋ぎの治療として行って頂きます。
鼻だけでなく、目やのどの痒みにも効果があります。

各種予防接種

公的予防接種も任意予防接種もいずれも行っています。
御希望の方は事前にお電話で予約して下さい(※インフルエンザのワクチンは在庫が十分にありますので、予約不要です)。
在庫がある場合は当日接種可能ですが、在庫がない場合も1~2日で取り寄せできます。
体温が37.4℃以下でしたら接種可能ですので、御自宅で検温して御来院下さい。
同時接種できる組み合わせもありますので、御希望の方は問い合わせて下さい。

【生ワクチン】
●MRワクチン(はしか・風疹混合ワクチン)
●麻しん単独ワクチン
●風しん単独ワクチン
●水痘ワクチン
●おたふく風邪ワクチン

【不活化ワクチン】
●四種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風・百日咳・ポリオ)
●三種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風・百日咳)
●二種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風)
●日本脳炎ワクチン
●Hibワクチン(インフルエンザ菌b型)
●A型肝炎ワクチン
●B型肝炎ワクチン
●子宮頸がん予防ワクチン
●ポリオ不活化ワクチン
●小児用肺炎球菌ワクチン
●高齢者肺炎球菌ワクチン
●インフルエンザワクチン

◆インフルエンザワクチンについて
一般診療の日に加え、水曜午後にも接種できます。
インフルエンザのワクチンは在庫が十分にありますので予約なしでも接種できますが、順番予約を御希望の方は通常の診療と同様にiTICKETから御予約下さい。
可能であれば御自宅で体温を測って頂き、来院後、問診票に御記入下さい。37.4度以下なら接種できますので、当院のHPより問診票をダウンロードして記入し、持参されても結構です。
【一般の方】
1回目、2回目いずれも3,000円です。
13歳未満の方は、1回目を接種した1から2ヶ月後に2回目を接種して下さい。
【65歳以上の方】
市から指定された10/15から12/28迄の間、実施致します。
自己負担金は2,500円です。
2回目を御希望の方は一般用で接種できます。
小平市以外の方も接種できますので詳細はお電話でお問い合わせ下さい。

漢方

当院では保険が適用される漢方薬を使った治療も行っております。
漢方と西洋医学は車の両輪のように、お互いを補完する治療と位置付けられています。
漢方は人間本来の自然治癒力を高めます。
何となく体調がすぐれないにもかかわらず、検査では異常が認められない未病という状態で漢方薬を使うことで、早期に体調を回復できる場合もあります。
自然治癒力を高め、体質を改善することで、病気を治すのが、漢方の基本的な考えです。

耳鼻咽喉科で漢方治療が有効と考えられる症状
1.反復するめまいや耳鳴
2.メニエール病で難聴が進行
3.花粉症やアレルギー性鼻炎
4.慢性副鼻腔炎(蓄膿)
5.のどの痛みから扁桃炎を反復
6.口内炎
7.喘息の発作

西洋薬が効かなかったり、効いても眠気などの副作用があって内服しにくい場合は、一度漢方薬をお勧めします。
同じ病気でも、患者さんの体質(漢方用語で証と言います)が異なると、選択する漢方薬が違ってきます。

気軽にお問い合わせ下さい。

すべての診療科目・専門外来・専門医

診療科目
内科系
呼吸器内科消化器内科アレルギー性鼻炎、スギ花粉症、いびき対策
耳鼻咽喉科系
耳鼻咽喉科
小児科系
小児科
その他
漢方各種予防接種
専門医
呼吸器・循環器・消化器系
気管食道科専門医
眼科・耳鼻・アレルギー・代謝・感染症系
耳鼻咽喉科専門医
検査系
レーザー専門医
専門外来
耳鼻咽喉科系
補聴器専門外来