Caloo(カルー) - 診療案内(当院の治療方針・ストレスケア病棟「なごみ」・リワークプログラム(復職支援)): しのだの森ホスピタル - 八千代市
病院をさがす
アクセス数  11月:2,926  |  10月:2,960  |  年間:24,594

診療案内

当院の治療方針

一般に、多くの方は風邪をひけば風邪薬、胃の具合が悪くなれば胃腸薬を何の抵抗もなく飲んでいるかと思います。しかしよく考えてみると、病気が治るのは本当に薬の力だけなのでしょうか?

同じように「心の病は薬を飲めば解決するのか?」という疑問を持たれている方は、結構多いように感じられます。

当院でも薬物は必要に応じて使用しておりますが、うつ病をはじめとする心の病がそれだけで治るとは考えておりません。それは、当院が推進するホリスティック医療の考えに基づけば、うつ病には自分らしさを取り戻すことこそが重要であり、薬の力ではその方の内面までを変えることはできないからです。

ホリスティックとは「全体」という意味を表すラテン語で、健康を表すHealthという英語もHolisticに由来します。ホリスティック医療では、個々の患者さまを身体的、精神的、社会的、霊的な存在とみなして、どの方面からも偏ることなくそれぞれアプローチしていき、その調和を図るという特徴があります。

ホリスティック医療は、治療のゴールを「自発的幸福(ウェルビイング)の獲得」と定義しています。自発的幸福とは、「お金が欲しい」などその時の状況や他者と比べて発生する一時的なものではなく、その人の内面から自然に湧き出てくる不変なものです。

また、この自発的幸福に至る心理的な境地は「知足」という言葉で表されます。知足とは「自分はこれでいい」「満ち足りている」と自然に思えることです。つまり、ありのままの自分を認めて許せる自尊感情を持てることが、真の自発的幸福には重要なのです。

これらを踏まえ当院では、「患者さまが自己実現を果たし、自分を認め、より良く生きていくこと」が治療の最終ゴールであると考え、日々支援に取り組んでおります。

ストレスケア病棟「なごみ」

なごみ病棟は、その人の自然治癒力を 高め、心身のリラックスを最大限引き出すことをコンセプトにしています。

ゆったりと休息ができるよう、お部屋は全室個室。木々に囲まれた環境下で、やさしい木漏れ日や緑の香り、心地よい大地の音色が、心と体を癒します。

また薬物に偏らず、心理療法、東洋医学、自然療法、栄養療法、音楽療法など、あらゆる角度からそ自然治癒力を高めるホリスティック医療を実践。

外来通院ではなかなか回復しない方、職場復帰を急がれている方、短期間で集中的に心身のリズムを整えたい方など、ぜひ一度ご相談ください。

【対象となる方】
・気分障害(例:うつ病、双極性障害)
・不安障害(例:パニック障害、強迫性障害)
・睡眠障害  ・発達障害(例:自閉症スペクトラム障害、ADHD)
の傾向があり生活の立て直しが必要な方

【各種サービス】
・お食事
「心と体に効くメニュー」と題し、体はもちろん心にも効く栄養素を取り入れた献立作りを行っております。また、美味しくバランスの良い、季節を感じられるお食事をご提供いたします。退院後も不安なく健康な日常生活を送れるよう、管理栄養士による栄養指導や食事相談も随時行っております。

【治療内容】
・自然療法
自然との繋がりや自分の感覚の重要性をお伝えしながら、アロマセラピーやサウンドヒーリング、森林療法など、様々な手法で患者様の五感を活性化していきます。そして、日常で活かすことのできるセルフケア方法を、専門のセラピストが多角的な視点からご提案します。

・心理療法
個人カウンセリングや集団認知行動療法を通して、臨床心理士が一人ひとりの個性やペースを尊重しつつ、こころを通い合わせ寄り添います。自分の身に起きていることを整理したり、強みに気づいたり、自分を大切にする心を引き出したりしながら、よりよい生活が送れるようサポートします。

・作業療法
特定の作業を通じて「作ることを楽しめる」「集中して取り組める」という体験を援助し、回復促進を行います。また、作業の仕方や取り組み方など“自分の傾向”に気づき、それをもとに自分の特性の活かし方やストレスとの付き合い方を確立していけるよう支援していきます。

【症状別治療プログラム】
・うつ病の集中治療プログラム
・パニック障害の教育入院プログラム
・睡眠改善プログラム
・リワーク準備入院プログラム

リワークプログラム(復職支援)

リワークプログラムとは、精神的な不調により休職中・離職中である方を対象とした、職場復帰に向けたリハビリプログラムのことです。

休職中・離職中である方が自宅での療養だけで元の仕事に戻る場合、職場と自宅のギャップに打ちひしがれ、すぐに再休職してしまう可能性があります。

リワークを使って、自宅療養と復職のギャップを無理なく越えられるようリハビリすることで、スムーズな復職、そして安定した就労に繋げることができます。

当院ではリハビリのみならず、「再休職予防」も非常に重視しております。また、認知行動療法などの心理療法や自然療法、運動療法などをも含めた視点から、一人ひとりにあったプランを提供します。

様々な活動や同じ境遇の仲間・スタッフとの会話を通じて、体力・体調の回復や日中の生活リズムの安定、コミュニケーション能力、ストレスへの対処、注意力・集中力の向上などを目指します。


【対象者】
*以下の4点を満たしている方

・現在、いずれかの精神科・心療内科に通院中である

・気分障害(うつ病、双極Ⅱ型障害等)や不安障害(社交不安症等)、適応障害などが診断名である
※該当するか不明な場合は、当院に直接ご相談ください。

・現在休職中で復職を目指している もしくは 離職後半年以内で1年以内の再就職を目指している

・症状や生活リズムが比較的安定しており、日中の活動がある程度できている
※リワークを始めるにあたり準備に不安がある方には、リワーク準備入院をおすすめしております。

【実施日時】
火曜日~土曜日/10:00~16:0

【実施期間(標準利用期間)】
3ヶ月半 (14週間) ※最大利用期間1年間

利用期間は各々の休職期間によって前後することがあります。
上記利用期間に当てはまらない場合はご相談ください。

【プログラム内容】
*大きく分けて5つの柱で構成されています。

・セルフケア系
ストレス状態から自ら立ち直るための方法を模索するプログラム

・作業系
文章の記述やPC入力を通じて脳の活性化や集中力向上を目指すプログラム

・運動系
軽い運動を通じて体力の向上やペース配分の体得を目指すプログラム

・気付き系
ストレスや病気、他者との付き合い方を見直し、模索するプログラム

・オフィス系
復職環境と同様の条件下で、仕事に近い課題に取り組むプログラム

すべての診療科目・専門外来・専門医

診療科目
精神科系
精神科心療内科
専門医
精神科系
精神科専門医